Webマーケティングニュース

自社のSNS炎上を回避!ソーシャルリスニングの具体的方法とは

SNSをビジネス活用するにあたり、最大限に回避したいのが「炎上」ではないでしょうか。マイナスなイメージで世に知れ渡ってしまうにとどまらず、時には自社に大損害を与えることにもなります。そんな炎上を回避するために必要なのが「ソーシャルリスニング」なのです。具体的に難をすべきか、探っていきましょう。

複数人による目視チェック

自分では「この投稿内容なら問題ない」と思っていても、他人から見たら問題があるとして指摘されるケースは少なくありません。どんな些細な内容であっても、見る人によっては強い怒りを感じたり、もしくは悲しみを抱いたりするものです。
そこで、重要なのが投稿前の複数人による目視チェックです。複数人からの目線であれば、高い確率で問題点を導き出すことができ、品質の高い内容で投稿を行うことができます。
また、目視チェックに携わる担当者は、年齢、性別、家庭環境、正確などにばらつきがあるとより効果的です。

社内フロー

万が一、自社製品やサービスなどでトラブルが生じてしまった場合には担当の部署や責任者へと連絡、自社職員が外部に流したと思われるリスクの高い情報については、徹底調査して、原因や問題点などをチェックします。常に、リスク対策・管理は徹底し、社内フローを整えておくことが、での炎上回避にも繋がるのです。どれだけ厳重な管理体制にあったとしても、トラブルを完全に防ぐことは不可能。そのため、トラブルが生じた際には迅速に適切な対応を実行し、企業を守っていくことが重要となるのです。

 

執筆:粕谷麻衣

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由
  2. A/Bテストって必要?絶対に行うべき3つのメリット
  3. リンクやビデオ、アプリを広告に。ピンタレストが新しい「Promo…
  4. Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工…
  5. TOCがSalesforce Venturesから資金調達
  6. TwitterとFacebook、メッセージ機能の新サービス導入…
  7. 「たべみるオンデマンド」で食のニーズをとらえたマーケティングが可…
  8. 「ユーザー生成コンテンツ」がソーシャルメディアマーケティングを変…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行