Webマーケティングニュース

Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工夫

今やTwitterをビジネスで活用するのは当たり前のこととなりました。しかし、いざ自社の投稿を見返してみるとユーザーからの反応がイマイチ…。という方も多いのではないでしょうか。
そんなTwitter活用に頭を悩める方に朗報。実は、ユーザーの反応をアップさせるコツがあるのです。一体どんなことなのでしょうか。

ハッシュタグの活用

投稿する際、ハッシュタグを使用はしていますか?
実は、ハッシュタグを使用して記事を投稿すると、そのエンゲージメントは2倍になると言われています。ただし、ハッシュタグだけでの投稿をすればよいとうものではなく、独自のツイート内容に+αとして1~2個のハッシュタグをつけるこおがおすすめです。

対象ユーザーに合わせて投稿日を決定

例えば、ビジネス系の内容であれば平日に投稿し、一般系の内容であれば土日に投稿する、など、対象とするユーザーに合わせて登校日を検討することが重要です。ユーザーのライフスタイルに合わせて「いう投稿するのが最も効果的か」を検討することが、ユーザーからの反応をアップさせる近道でもあります。

投稿時間は7:00~8:00 or 午後

投稿日だけでなく、ツイート時間もよく検討することが大切です。
ユーザーの目に留まるタイミングで投稿をしたいのであれば、投稿時間は7:00~8:00の通勤・通学の時間帯、もしくは午後の投稿を徹底しましょう。このタイミングはスマホでTwitterを開いていたり、午後のスキマ時間をTwitterに費やしていることが多い傾向にあります。
ユーザーの目に留まりやすいので、効果的に投稿したいのであれば、ぜひこのタイミングを逃さないようにしましょう。

 

参照元:LISKLU

執筆:粕谷麻衣

 

 

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookダイナミック広告が航空券の宣伝にも対応へ
  2. フェイスブックに動画は有効か!?動画制作の依頼方法とコスト削減
  3. 人工知能「AIアナリスト」約8割のサイト改善を実現
  4. 小さな子供を持つ母親のことを考えた航空会社のプロモーションとは?…
  5. 高額商品こそLINEで売れ!中古車販売店が提携
  6. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  7. クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類…
  8. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行