Webマーケティングニュース

マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング

ここ数年の内でバズワードになっている「人工知能(AI)」。介護や接客など多種多様な場面において研究や製品化が進んでいます。その中で人工知能をマーケティングに活用しようという動きも活発になってきています。株式会社マイクロアド(以下、マイクロアド)もそういった動きを行っている企業の1つです。

マイクロアドは同社が手掛けるマーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」において、「フルファネルマネジメント(以下、FFM)」を提供すると発表しています。蓄積したビッグデータをAIによって分析することによって未知の顧客へアプローチするというものです。

何ができるのか?

FFMを活用することでどのようなことができるようになるのでしょうか。これまでのマーケティングではオンライン広告はオンライン広告を見る見込み客、店舗客は店舗客、テレビCMは視聴者、とそれぞれ別のファネル(漏斗)で管理していました。UNIVERSE FFMではこのバラバラなものを一括で管理できるようにし、ファネル全体の改善点を明確化し、対策を打つことができるようになります。

ユースケースの紹介

FFMを導入することで何がどう変化するのでしょうか。例えばAIに分析してもらうためのデータとしてはこれまでオンライン広告のPV数など、オンライン上にある情報のみでした。一方でオフラインでの販促データは別で扱うものでもありました。オンラインとオフラインが分断されていたわけです。そういった分断されたデータをAIに渡して分析をかけることで、マーケティング全体の課題も見えてきます。

まとめ

AIはビッグデータを与えれば、それをもとに学習していくことができます。これまで人間の経験や直感、能力に依存していたマーケティングが、客観的データによって見える化されます。マーケティングにAIを活用する動きは今後どんどん加速していくでしょう。

 

参照元:マイクロアド、「UNIVERSEフルファネルマネジメント」を提供
執筆者:吉田 純

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 広告レポート作成支援ツール「glu」がTwitter広告に対応
  2. 「Google Site Search」利用者向けに「probo…
  3. テレビとWebのメディアプラニングツール「Handy Media…
  4. 世界的にインターネット広告の需要増加。消費者がインターネットに集…
  5. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…
  6. 犯したくないSEOの8つの間違い
  7. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  8. オーストラリアの金融サービス業界を変革した企業役員たち

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行