Webマーケティングニュース

マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング

ここ数年の内でバズワードになっている「人工知能(AI)」。介護や接客など多種多様な場面において研究や製品化が進んでいます。その中で人工知能をマーケティングに活用しようという動きも活発になってきています。株式会社マイクロアド(以下、マイクロアド)もそういった動きを行っている企業の1つです。

マイクロアドは同社が手掛けるマーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」において、「フルファネルマネジメント(以下、FFM)」を提供すると発表しています。蓄積したビッグデータをAIによって分析することによって未知の顧客へアプローチするというものです。

何ができるのか?

FFMを活用することでどのようなことができるようになるのでしょうか。これまでのマーケティングではオンライン広告はオンライン広告を見る見込み客、店舗客は店舗客、テレビCMは視聴者、とそれぞれ別のファネル(漏斗)で管理していました。UNIVERSE FFMではこのバラバラなものを一括で管理できるようにし、ファネル全体の改善点を明確化し、対策を打つことができるようになります。

ユースケースの紹介

FFMを導入することで何がどう変化するのでしょうか。例えばAIに分析してもらうためのデータとしてはこれまでオンライン広告のPV数など、オンライン上にある情報のみでした。一方でオフラインでの販促データは別で扱うものでもありました。オンラインとオフラインが分断されていたわけです。そういった分断されたデータをAIに渡して分析をかけることで、マーケティング全体の課題も見えてきます。

まとめ

AIはビッグデータを与えれば、それをもとに学習していくことができます。これまで人間の経験や直感、能力に依存していたマーケティングが、客観的データによって見える化されます。マーケティングにAIを活用する動きは今後どんどん加速していくでしょう。

 

参照元:マイクロアド、「UNIVERSEフルファネルマネジメント」を提供
執筆者:吉田 純

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ポイントはユーザーとの交流!スターバックスも実践するソーシャルメ…
  2. 検索結果に表示する「Search Ads」、ピンタレスト広告機能…
  3. Movable Type新バージョンの提供でOpenSSLの脆弱…
  4. マーケティングに最適な6つのソーシャルメディア
  5. 住宅不動産営業にAIを活用したロールプレイシステムが導入
  6. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  7. 固いイメージを払拭。コンサルティング企業のマーケティングテクとは…
  8. 「駅すぱあと広告」で新たなエリアターゲティング広告が開始

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行