デジタルマーケティング

Twitter、tweetstorm機能の導入をめざす

米国サイトSmart Insights は、Twitter が tweetstorm(ツイートストーム=多くのTwitterユーザが特定の話題に関するツイートを一斉に投稿して、その話題でTwitterを席巻すること)をシンプルにする機能のテストを始めたと伝えています。

つぶやきを連鎖したtweetstormにまとめる機能

Twitterをユニークなものにしているのは、1ツイートに投稿できる文字数が140字に限られていることですが、言いたいことがたくさんあって、140字の中に収めきれなかったという経験は誰にでもあるでしょう。

Twitterがテストを始めたとされるこの機能を使用すると、つぶやきを連鎖的な tweetstorm にまとめることができるのだそうです。したがって、別々のつぶやきに分けてツイートを投稿するのではなく、一度に全部ツイートすることができるので、マーケターには要注目の機能と言えます。

この機能はまだローンチされておらず、現在 Android でのみテストが行われています。公開テストもありませんが、うまくいけば、完全に機能を起動するまでにそれほど長くはかからないと言われています。

この機能が導入されるとどうなるか

この機能が導入されることによって、Twitterは誰もが利用しやすく、拡張された考えを共有することができるようになります。言いたいことがたくさんあるユーザはもちろん、ビジネス関連のニュース速報などもすばやく内容をまとめることができます。

TechCrunchによれば、tweetstormボタンの起動は、TwitterをSNSのメインストリームから隔てている壁をもう一つ取り除くだろうということですが、Twitterのアルゴリズムはフィードバックの弱いコンテンツを強調しないため、視聴者を退屈させるtweetstormerは可視性を失いそうです。ローンチされた暁には、賢くマーケティングに活用したいものですね。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. オラクルにインテル。大企業に学ぶソーシャルメディア活用事例
  2. 電子メールを無視するのは止めよう
  3. 企業のFacebookページのための5つのヒント
  4. 無料でウェブサイトの改善ができる「Dot metrix」が法人化…
  5. 「メンション」「外部リンク」「ブーメラン」、インスタグラム スト…
  6. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  7. 知らない人が多い?キャンバスなどを活用したFacebook広告の…
  8. 製品の宣伝にユーザーも参加!UGCを増加させるなら「セルフィコン…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行