デジタルマーケティング

ドメインネームにキーワードを含めるべきか?

ウェブサイトを作る時はだれでも、Googleで上位にランクさせたいと思いますね。そのためにドメインネームにもキーワードは含めるべきでしょうか。以下はデジタルマーケターのニール・パテル氏の意見です。

キーワードのパワー

検索結果の高い位置にランクさせるために、キーワードはもちろん役立ちます。たとえば、Hotels.comはどうしていつもGoogleの検索結果の一番上にランクされていると思いますか。それは「hotel」がサイト名に含まれているからです。もう一つたいへん人気のあるサイトに Booking.comがあります。これにもキーワードが入っていますね。

ドメインネームにキーワードがなかったら

それでは、ドメインネームにキーワードがなかったら、もうそれだけでダメなのでしょうか。そうではありません。たとえばオンラインマーケティングを教えている、パテルさんご自身のサイトには「オンラインマーケティング」というキーワードは全く含まれていません。

キーワードは検索結果の高い位置にランクされるのには、たしかに役立ちます。「オンラインマーケティング」という単語がドメインネームに入っていたら、オンラインマーケティングが検索された時、そのサイトは高い位置にランクされるのです。ですからキーワードをドメインネームに含められるのなら、そうすればよいでしょう。

ドメインネームを作るとき、気を付けるべきこと

でもキーワードを入れるためにドメインネームが非常に長くなる場合、たとえば awesomehotels.comなどのように長くなる場合には、キーワードを入れる価値はありません。ドメインネームが長すぎると、人に覚えてもらえないからです。ビジネス名だってそんなに長くしたくありませんよね。

Cars.Com や Hotels.com のような短くて、しかもキーワードを含んだドメイン名はとても有利ですが、こういうドメインを購入するのは高くつきます。それよりも、短くて、覚えやすく、あなたのビジネスの特徴を表すドメインネームを考えましょう。このような場合には、キーワードはurlに忘れず含めればいいのです。

参照元:  NEILPATEL
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…
  2. コンテンツマーケティングのプロが行うInstagramの戦略3選…
  3. トレンドのハッシュタグで注目を集める!Twitterで幅広い顧客…
  4. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  5. コンテンツマーケティングを自動化する3ステップ
  6. クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類…
  7. マーケティングツール「MIERUCA」にヒートマップ機能が追加へ…
  8. Amazonのインフルエンサープログラムがユーチューバーにもオー…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行