WEBマーケティング

ブログへゲスト投稿すべきか

他者のブログへのゲスト投稿についてお考えになったことはありますか。デジタルマーケターのニール・パテル氏が説明しています。

いつゲスト投稿すべきか

まず、ブログへのゲスト投稿は、B2C よりも B2B に有効です。もしあなたが B2C 戦略をお探しなら、ゲストブロギングで時間を無駄にすべきではないでしょう。

次に、もし週に2~3回コンスタントに投稿できるのなら、他のブログにゲスト投稿するより、自分のブログに投稿すべきです。そうすることであなたのブログへのトラフィックベースを広げることができます。読者を顧客に変えるのは、他人のサイトでよりも自己サイトの方がはるかに容易だからです。

でももし週に2~3回投稿する時間がないのなら、ゲストブログを考えるべきです。なぜなら最低週2~3回投稿することなしに、大きなオーディエンスを獲得することはできないからです。週1回しか投稿できないのなら、自己ブログに投稿しない方がいいですし、そもそもブログを作る必要もないでしょう。

有名サイトへ投稿する方法

購読者の多い有名サイトへはどうやって投稿できるでしょうか。そのサイトの編集長へ問い合わせても、ふつうは取り合ってもらえません。そのようなサイトには毎日多数の投稿問い合わせが来るので、まず無視されてしまうのです。

そのかわり、他のブロガーとネットワーキングしましょう。それにはまず、有名サイトへ投稿しているブロガーの記事を読んでみます。ブロガーは皆メルアドを載せていますから、そこへ次のような感想を送ります:「〇〇サイトのあなたの記事××を読みました。△△については触れていませんが、今後お書きになる予定はありますか。」こういう投稿にはたいていのブロガーが「ご感想ありがとうございます。ご指摘の点は…」と返信してくるでしょう。

こうすることで、あなたは他のブロガーを助けることになります。そして「○○サイトであなたのようになりたいのですが、編集長へご紹介いただけないでしょうか。-あなたのファンより」と依頼してみます。他のライターからの紹介なら、編集長が投稿を許可してくれる可能性もぐっと上がるのです。ゲスト投稿したい方は、この方法をぜひ試してみてください。

参照元:  NEILPATEL
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2018年にマーケターが知っておくべきInstagramの8つの…
  2. GMO TECHがPR動画作成プラットフォームを提供開始へ
  3. Pathって何?日本では流行するの?
  4. 電通が「Dentsu.io」を強化するためインティメート・マージ…
  5. 米誌Forbesが予想する2018年デジタルマーケティングのトレ…
  6. Instagramのフォロワーを増やすツール活用
  7. まったくゼロからのSEOの学び方
  8. アメリカNFLのチーム実践。SNSでユーザーと交流して絆を強める…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行