Webマーケティングニュース

トランスコスモス、メッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答サービスを提供開始

2016年7月21日、トランスコスモスはメッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答サービスの提供を開始しました。そしてこのサービスはトランスコスモスの子会社であるcaramoが運営する「藤巻百貨店」において今秋から運用を開始するといいます。
 

メッセンジャーアプリを活用し自動応答が可能

同サービスは「Reply.ai」というbot構築用プラットフォームとLINEやFacebook Messengerなどといったメッセンジャーアプリを連携させて運用。顧客からの問い合わせに対する自動応答だけでなく、必要に応じて有人対応に切り替えオペレーターが直接サポートを行うこともできます。
 

問い合わせへの迅速な対応と人件費削減が可能

同サービスを利用することで顧客の問い合わせ対応に対する迅速な対応・業務を自動化することによる人件費の削減が可能です。
 
また同サービスはFAQコンサルティングサービスというトランスコスモスが15年以上提供してきたノウハウを活用しています。FAQコンサルティングサービスは経験豊富な100名以上のAIストラテジストが、コールやメールのログから顧客の求める回答や説明のレベルを抽出して作り出しています。そして、そのデータを活用してbotの設計開発までワンストップで提供しています。
 

まとめ

同サービスはトランスコスモスのノウハウを活かして、問い合わせ対応をシンプルに行うために活用できるものです。これは少ない人数の中で運営を行っており、コールセンターなど問い合わせにコストをかけられない企業にとって非常に便利なツールとなるかもしれません。。

参照元:トランスコスモスプレスリリース
執筆者:比留 高斗

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. WhatsAppを利用しているのは、ビジネスの50%だけ?!
  2. 【コラム】LINEビジネスコネクトの導入でWebマーケティングは…
  3. Facebookのファンを買うべきでない理由
  4. 世界の主要ソーシャルネットワーク105
  5. ソーシャルメディアをビジネスに使うとき最も注意すべきこと
  6. 世界で最も強力な IoT(モノのインターネット)企業
  7. タグピク社のインフルエンサーネットワーク数が3,500名を突破
  8. Facebookが2017年の実績を発表

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行