マーケティング全般

顧客にアプローチできるマーケティングチャネル28選

マーケティングチャネルには、無料のものから高価なものまで様々あります。中小企業を対象とした米国オンライン誌 Small Biz Trendsが紹介する、顧客にアプローチするために使える効果的なマーケティングチャネル50選の中から、日本でも使えるものをご紹介しましょう。

まずはSNS

最も手っ取り早く効果的なのが、Facebook上にビジネスページを作成して関連コンテンツを投稿することです。これで無料でブランドの認知度を高めることができます。Facebook広告は安い費用で利用できます。Twitterでもフォロワーを魅了して、将来の見込み客にするよう努めましょう。

視覚SNS のInstagramPinterestでは、魅力的な画像を投稿して、ブランドへの興味を持ってもらいます。LinkedInグループに参加して発言すると、専門分野でのリーダーとしてのあなたの地位を確立できます。

広告予算がある場合は

やはり何と言っても、テレビ広告です。新聞広告は予算に応じて、全国紙と地方紙から選ぶことができます。ラジオでは地方局に出す広告が効果的です。チラシ広告を使うなら、カラフルな色使いが人目を引きます。

その他オンラインでできること

Google AdWordsを使って、ビジネスが検索エンジンに表示されるようにします。ブログでは定期的に新鮮なコンテンツを提供して、サイトのSEOを改善し、業界でのあなたの存在を印象付けます。魅力的なインフォグラフィックは視覚的に興味をそそって、見込み客をサイトに誘導することができます。

新しい顧客の開拓

新しい観衆と出会うためには、他人のブログにゲスト投稿することです。メールマーケティングを使う場合は、各顧客にカスタマイズしたメールを送りましょう。地元のイエローページにもあなたのビジネスを表示しておきます。

トレードショーでの製品やサービスの展示は、ブランドと顧客基盤作りに最適です。展示する予算がない場合は、名刺をたくさん持参して、トレードショーに出席するようにしましょう。同業者や潜在的な顧客に出会えるチャンスです。

Skypeでは、ユーザのコネクションへインスタントメッセージを送ることができます。YouTubeには製品やサービスに関する動画を載せておきます。WhatsAppではグループを作成し、音声、テキスト、動画を介して他のメンバーと通信することができます。

顧客は自分の使っているブランドについて安心感を与えてくれるケーススタディを好むものです。あなたの製品愛用者に関するケーススタディを作って公開しましょう。あなたのウェブサイトには「お客様の声」のコーナーを必ず作ってください。

オフラインでは

業界に特化したフォーラムは、あなたの製品やサービスに興味を持つ個人を見つけられる場所です。製品の良さを理解してもらうためには、製品サンプルの無料配布が有効です。メールが一般化した現在、封筒に入ったダイレクトメールはかえって新鮮に人目を引きます。

ネットワークの機会を逃してはいけません。そのような機会がない場合は、自社イベントを主催してください。また何よりも効果的なのが、ビジネスアウォードで受賞することです。ミートアップはイベントやミーティングを共有してリーチを拡大し、イベントへの関心を得ることができるため、非常に効果的なマーケティングチャネルとなります。

ウェブサイトを有効に使うために

訪問者をページに誘導するランディングページを作ることは、リードを生成するのに最適な方法です。「当社について」ページではブランドストーリーを充実させて、読む人に印象付けましょう。

これらの中でまだ実践していないことがあったら、ぜひ試してみてください。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  2. マーケティング成功のカギは、パーソナル化
  3. 確認!4つの顧客の分類とアプローチ方法
  4. 「Facebook広告」はターゲティングをマスターして効果アップ…
  5. Instagramの複数投稿の活用法。ハウツーとして情報発信
  6. リーボックのユニークなインフルエンサーマーケティング
  7. 昔ながらのマーケティング手法をSNSに使ってみよう
  8. プラットフォーム別、リーチを増やす方法

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行