デジタルマーケティング

モバイル向けにコンテンツを書く方法

コンテンツマーケティングキャンペーンを成功させるには、ターゲットの読者にアピールしなければなりません。あなたのターゲットがプロフェッショナルで構成されているなら、実用的なアドバイスや、パフォーマンスの向上を図る資料など、業界の考慮事項に対応することが必要です。

そういったプロの視聴者は、新しいテクノロジーを使って様々な環境から作業をしたり、新しい需要を開発したりして進化を続けています。米クラウドフォンのDialpad社によれば、米国で週40時間以上オフィスから働いている人は、フルタイム労働者のわずか19%。現在の労働は、ますますモバイル化しています。コンテンツもそれに合わせなければなりません。

従来のコンテンツとの違い

モバイル向けのコンテンツは、3つの点で従来のコンテンツと違っています。モバイルデバイスはUIが小さいため、表示できる幅が狭く、コンテンツも内容の明確なものが適しています。

モバイルデバイスは、ユーザの移動中などに使われることが多いため、短時間でニーズを満たしてくれるコンテンツが望まれます。モバイルワーカーが検索するのは「その場に必要な」事柄です。コンテンツの内容は、問題を素早く解決するためのトピックが最適です。

より良いモバイルコンテンツを作るには

まずサイトをモバイルデバイス用に最適化します。最適化できているかどうかは、Google の mobile-friendly tool でチェックすることができます。スクロールやズームなしに全てのテキストを読み取れるのが理想です。トピックは役立つもの、有用性が高いものほどベターです。それを「簡潔に」まとめます。

動画は頻繁に入れるようにしましょう。視覚コンテンツを使うと、視聴者と素早く繋がれるからです。Hubspot によれば、動画を含めることでページの好まれ率が8割以上上がるそうです。

記事の構成は、小さな画面で読む読者にアピールする方法を心がけます。 テキストは小さな段落に分け、太字や斜体を駆使して部分的に強調します。箇条書きや番号付きリストを使って、リスト項目を明瞭にするのも良い方法です。

以上のことを試して、モバイルコンテンツの効果を測ってみてください。

参照元:  Search Engine Guide
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. SNSで会社の取組みをシェア。ハッシュタグを使ったブランディング…
  2. ソーシャルPLUSとProbanceが連携しLINEログインを通…
  3. ニールセンデジタルが「Twitter」の広告視聴率測定を日本でも…
  4. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…
  5. ホリデーキャンペーンにはインフルエンサーがおすすめな理由
  6. カンバセーショナルマーケティングとは?顧客と対話して関係強化
  7. 顧客にアプローチできるマーケティングチャネル28選
  8. 差別化が難しい製品のPRは?上質なコンテンツを発信して信頼できる…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行