デジタルマーケティング

ソーシャルメディアのROIを計算する方法

Facebookの「いいね!」やシェアの数は、実際のビジネスの効果を表すものではないとして、しばしば無視されることがあります。しかしB2Bマーケティングでは特に、これらは成功/失敗の強い指標となるのです。

「いいね!」、コメント、シェアには価値があるのか?

Facebookのコメント、シェア、タグなどは、「いいね!」よりもはるかに価値があります。それらはストーリーをニュースフィードに表示して、お勧めの役割を果たすからです。つまり、Facebook上のすべてのエンゲージメントが同等ではないということですが、企業はこれらのエンゲージメント率とベンチマークを、時間の経過や競合他社と比較分析することで、成功/失敗の指標として使うことができます。

リーチ/インプレッションとエンゲージメント率にどうアプローチすべきか?

私たちはリーチした人々のうち、どのくらいの人がコンテンツにエンゲージしたかを知りたいと思っています。これらの指標は、コンテンツの強さと視聴者へのアピール度の品質チェックも提供してくれます。そのためにはリーチとエンゲージメントの傾向を、チャネルの主要な健康指標としてモニターする必要があります。

ただし、リーチ度は広告に費やした費用の影響を大きく受ける可能性があります。リーチ度が大幅に上がるとエンゲージメント率は低下しますから、この健康度判断では、原因と結果を十分に把握することが必要です。

インフルエンサーの影響はどう測れるか?

米国のコンテンツマーケティング代理店OST Marketing社は、他国籍メディアのThomson Reuters社を対象に、財務リスクとコンプライアンス部門の30人のインフルエンサーに焦点を合わせたキャンペーンを2ヶ月間実施しました。その結果、約700件のリツイートを得、130万人の人々に到達することができました。

同社はインフルエンサーマーケティングツールで、同社とインフルエンサーとのエンゲージメント、インフルエンサー同士が与え合った影響や、それぞれの聴衆に与えた影響をトラックしました。このアプローチはリーチとエンゲージメントの測定基準を高め、インフルエンサーマーケティングの統計に新しい局面を与えたということです。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. トレンドのハッシュタグで注目を集める!Twitterで幅広い顧客…
  2. サイバーエージェントが動画広告制作サービス「Tré Cast(ト…
  3. ポイントはユーザーとの交流!スターバックスも実践するソーシャルメ…
  4. ソーシャルメディアごとにコンテンツをカスタマイズしよう(2)
  5. グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いとい…
  6. デジタル時代の口コミ
  7. 自社アカウントが凍結!?Twitterトラブルを回避するために知…
  8. 会社の取り組みを伝える。B2B企業のInstagramマーケティ…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行