Webマーケティングニュース

「DNP多言語制作支援サービス」の活用でインバウンドサービスを強化へ

2016年7月27日、大日本印刷株式会社と、そのグループ会社である株式会社DNPメディアクリエイト、株式会社DNPデジタルコムは、Webサイトやカタログ・パンフレット等の制作において多言語翻訳に対応する「DNP多言語制作支援サービス」の開始を発表しました。 

多言語対応によりインバウンドサービスを強化

DNP多言語制作支援サービスを利用することにより、近年増加している訪日外国人向けのインバウンドサービスを強化することが可能となります。Webサイトやカタログ・パンフレット等の販促物を多言語対応させることは、グローバルな事業展開を狙う企業にとっては避けては通れない課題です。こういった企業のニーズに効率良く高品質な翻訳で対応するのが本サービスとなります。 

自動翻訳で負担を最小限にすることが可能に

今回3社はこれまで培ってきた翻訳ノウハウや翻訳データ、用語集を一元管理することにより、効率良く高品質な翻訳が可能となるプラットフォームを構築することに成功しました。このプラットフォームは170以上の言語に対応しており、過去のデータを参照して可能な部分は自動的に翻訳するため、新たに翻訳する負担を最小限に抑えることが可能となりました。 

まとめ

企業のグローバル化が進む現代において、この翻訳サービスは大きな価値を生むことが期待されます。クラウドサービスとしても提供していくと発表されており、高品質な翻訳をスピーディーに実現することが可能となれば、今後更にインバウンドサービスの成長が加速していくことになるでしょう。 
 
参照元:大日本印刷
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  2. ROIが最も高い広告形態はどれ?
  3. 更新通知だけじゃない。新規顧客をツイッターからブログへ誘導する方…
  4. Ameba動画広告がライブ動画と360度動画の配信に対応へ
  5. TwitterがTVチャンネル化しつつある
  6. ホリデーキャンペーンにはインフルエンサーがおすすめな理由
  7. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」
  8. 2018年のコンテンツ流通チャネルのトレンド

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行