Webマーケティングニュース

有力YouTuberを起用したインフルエンサーマーケティングの実態

自社の商品を効果的に宣伝したいと考えるのは、いつの時代のどこの企業も同じだと思います。Web広告を出稿するだけではなかなか差別化が難しいことから、芸能人やアルファブロガーと呼ばれる人たちにブログで商品やサービスを紹介してもらうマーケティングも一時期ブームになりました。現在ではその役割が YouTuber(ユーチューバー)へと移り変わってきており、どの程度の広告効果が出せるのかに注目が集まっています。今回はそんなユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングについて詳しく迫ります。 

なぜ芸能人は撤退したのか

一定の効果を得られていた芸能人やアルファブロガーを起用してのインフルエンサーマーケティングですが、最近ではめっきり減ってきています。その理由として、そういったマーケティング手法はステマだとして批判され始めたからです。確かに現在のユーチューバーは企業案件の動画には概要欄に「提供」や「タイアップ」などと記していますが、当時の芸能人ブログではそういったことはなく、いかにも自分がその商品の愛用者のごとく商品やサービスを紹介していたのです。それでは確かに読者は「騙された」という感情を抱いてしまい、ステマだと騒ぎ立てる結果になったのも理解できます。

それ以来、イメージダウンによる企業や商品のブランド価値低下を恐れ、芸能人を起用したマーケティングを控える企業が続出したのです。しかしまだ粘って続けている企業も少なからず存在することを考えると、やはり効果は高いのだと予測することができます。 

人気YouTuberの影響力はどれくらい?


ユーチューバーにとってはバブルのような時代に突入している昨今ですが、実際のところどの程度の影響力があるのかは未知数です。人気度を計るにはチャンネル登録者数で判断していくしかありませんが、登録者が何人いればどの程度の効果が出るといったデータがまだまだ少ないため、半分賭けのようなマーケティングになっているのが現状です。

トップユーチューバーと呼ばれる、チャンネル登録者数が100万人を超えるような一部のユーチューバーであれば一定の影響力があることは想像に難しくありませんが、そういったトップユーチューバーに依頼するにはそれなりの予算が必要となります。タイアップ動画の依頼は「チャンネル登録者数×1.5円」と言われており、予算の少ない小さな企業にとっては厳しい金額となってしまいます。予算に余裕がない企業がユーチューバーとタイアップするには、影響力の計算が立ちにくい中堅以下のユーチューバーに依頼するしかないというのが現状です。 

YouTuberの選定方法

最初からトップユーチューバーに絞って依頼する場合はある程度効果の計算ができますが、中堅以下のユーチューバーへタイアップを依頼する場合は、その人選が非常に難しくなります。人気度を測定できる数字がチャンネル登録者と動画再生回数くらいなので、判断するデータが圧倒的に足りていません。数字だけでなくユーチューバーのキャラクターとの相性も深く関係してくるので、安易に数字だけで選ぶとまったく効果が得られないなんてことにもなりかねません。

ある程度の数字を持っているユーチューバーで、自社商品と相性も良いユーチューバーを自力で探し出すのはかなりの労力が必要となります。そこで、ユーチューバーが所属する事務所を通して依頼することで、事務所が独自に蓄積・分析したデータによって理想に近い人選をしてもらうことができるようになります。しかしすべてのユーチューバーが事務所に所属しているわけではなく、事務所を通す分広告費も割高になるという難点があるのも事実です。

このように、なかなか一筋縄ではいかないのがユーチューバーを起用したインフルエンスマーケティングの実態です。最近話題になっているので「是非我が社も!」と勢い良く飛び出したところで、人選の段階で躓いてしまう企業が続出しています。この問題を解決することができれば、少なくとも今後数年は大きなマーケットになるポテンシャルは秘めているといえるでしょう。 

効果に疑問の声も


ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングの効果には疑問の声も出ています。トップユーチューバーでさえユーチューブというインフラの中から出ると知名度はまだまだ低いのが現実です。やはりテレビに出演するタレントには影響力で大きく劣るのです。そんな得体の知れないユーチューバーに数百万円という広告費を注ぎ込んで、期待通りの効果が得られるのか疑問に思う人が多くても不思議ではありません。

さらに、ユーチューブの中では知名度抜群のトップユーチューバーであったとしても、視聴者の多くが小中学生という点も疑問の源となっています。「商品を購入する資金力のない小中学生に、いくら商品を宣伝しても意味が無いのでは?」という疑問です。確かにユーチューバーの動画を熱心に見ているのは小中学生という若年層であることから、いくらタイアップ動画が視聴されても売り上げにつながらないことが不安視されることは理解できます。そもそも広告自体のターゲットが子供ではないというところからして、ターゲティングがずれているともいえます。

こういった理由から、商品によっては費用対効果が低いと予想する企業も少なくありません。無料スマホアプリなどのDL数を伸ばす目的であれば有効かもしれませんが、有料商品の売り上げに繋げるには工夫が必要だといえます。商品ジャンルによっても大きく意味合いが変わってくる問題ではありますが、目先の売り上げに繋げることよりも、ブランディング目的の投資という方が実態は近いのかもしれません。 

まとめ

現状のユーチューバーはユーチューブ内だけの存在ですが、一部のトップユーチューバーはテレビ番組に出演したり、第一線の芸能人をゲストに招いて動画投稿をしたりしています。このように徐々にテレビの世界にも進出してきていることから、テレビとユーチューバーの今後の関係性次第では、ユーチューバーの存在価値も大きく変わっていく可能性を秘めています。現状は未知数な部分の多いユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングですが、今後どのような価値に変わっていくのかは要注目です。 
 
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インスタグラム新ショッピング機能をテスト。導入後は製品の売買が手…
  2. ニールセンが「デジタル広告視聴率」に性年齢別測定機能を追加へ
  3. INFLUENCER ONEがフォロワー数3,000万人突破
  4. ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Develop…
  5. 個人アプリ開発者向け動画広告枠「viidle」が提供開始へ
  6. 個人でも利用できる決済サービス「AnyPay」スタート
  7. 実購買傾向データに基づいたFacebook広告ソリューションが提…
  8. ゲームライブ配信プラットフォームTwitch、ゲーム購入システム…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行