デジタルマーケティング

SEO戦略が達成すべき最も重要な目標は何か

B2Bマーケティング戦略でSEOは最も重要なチャネルの1つです。マーケターはGoogleやBingなどの検索ページで、自社のビジネスを上位にランキングさせるための作業量に圧倒されています。

売上よりランキングやトラフィックを重視?

米国のマーケティング代理店DemandWaveの「SEO戦略の最も重要な目標は何か」という調査では、回答者の50%が「検索ランキング」が最も重要だと答えています。それに続いて「トラフィックの生成」46%、「ブランド認知度」44%、「リードコンバージョン」42%、「売上収益」33%、「投資収益率」29%、「市場の拡大」25%という順になっています。

SEO戦略を始めようとする時、マーケターはキーワードの調査、ターゲットキーワードの特定、コンテンツの作成、リンクの生成などをしますが、それが実際にどのように働くかをGoogleが公表していないため、それだけやっても検索結果ページに表示されないこともあります。そのためSEOはB2Bマーケターにとってユニークな課題であり続けているのです。

SEO戦略を正しく行うことができれば

検索結果の掲載順位は明らかに重要ですが、これは誤解を招く可能性もあります。たとえば、「傘」で検索ページの第7位にランクインすると月に45万件以上の検索が行われますが、SEOを駆使してランキング第1位となった「赤い水玉模様の傘」の検索数は、月100件とそれを下回るのです。

マーケティングの究極の目標は言うまでもなく、リードコンバージョンと売上収益であるはずですが、収益をドライバーと見ている人がわずかに33%というのは驚くべき事実です。

SEO戦略を正しく行うことができれば、トラフィックの生成は問題ではなく、マーケターはトラフィックをリードとセールスに変えることに集中できるようになります。この意味で効果的なSEO戦略の導入は、マーケティングで最も収益を上げる収益源の1つとなるのです。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  2. 「MAJIN」に複数の広告効果分析・評価機能が追加へ
  3. Facebookがスライドショー広告に新機能を追加
  4. 検索クエリがSEO対策で絶対に必要なワケ
  5. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  6. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…
  7. 電通が「Dentsu.io」を強化するためインティメート・マージ…
  8. 使い分けが重要?Instagramなどソーシャルメディア別ハッシ…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行