Webマーケティングニュース

博報堂DYグループ、広告効果予測ツールにFacebookを追加

2016年7月25日、博報堂DYグループは広告効果予測プランニングツール「TV Cross Simulator(テレビ クロス シミュレーター)」にFacebook動画広告へ対応する機能の追加を発表しました。 

Facebookの追加でインフィード広告に本格対応

Facebookに対応することで、近年の動画広告のトレンドでもあるインフィード広告にも本格対応となります。インフィード広告とはタイムラインの中に掲載される動画広告のことで、Facebookはその代表的な存在です。インフィード広告は非常に効果が高い広告であり、今回のアップデートで広告主の要望に応えるための幅が大きく広がったのは間違いないでしょう。 

TVCMとの併用運用にも効果を発揮

ユーザーの広告への接触は単一デバイスよりも複数デバイスでの接触の方が広告効果が高くなるということが本シミュレーターの検証でわかっています。そういった理由もありTVCMとオンライン動画広告の複合出稿による様々なシミュレーションも可能となりました。複合出稿は相乗効果でどちらの広告にも反応を上げる効果が期待できます。 

まとめ

TV Cross Simulatorは博報堂DYグループの実績十分なTVCM運用ノウハウに、最先端のオンライン動画広告を織り交ぜることにより強力なシミュレーターとなっています。このシミュレーターは今後高い効果を発揮する広告ソリューションを次々と提供していくことでしょう。 
 
参照元:博報堂DYメディアパートナーズ
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」
  2. Facebookの広告メッセージ、ユーザーとの関係を再度アクティ…
  3. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  4. 独自のスタイルをビジュアルで表現「WHILL」
  5. Instagramが物語を見せてくれる
  6. Vogaroとサイバーエージェントが共同開発CMS「CMMS(シ…
  7. フリーランサーをもっと活用するために企業ができること
  8. リターゲティング広告とは何か

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行