デジタルマーケティング

ソーシャルメディアを効果的に使うために(3)

ソーシャルメディアは観衆のニーズをつかむのに最適なツールです。今回はソーシャルメディアと新しいサービスやツールとのコラボの可能性を考えてみます。

ストーリーテリングをライブで

独自のライブストリーミング機能を生み出しているFacebookやInstagramのライブ機能を、マーケティングにも使ってみましょう。ライブ機能では、共有が可能で、人々の印象に残るコンテンツを作ることができます。

世界中の企業は徐々に、ウェブサイトではなく、ソーシャルメディアプラットフォームでの顧客集めに移行し始めています。このような戦略を実行することで、時間のテストにも耐えうるソーシャルメディアプランを作ることができます。

チャットボットを使おう

人間の会話をシミュレーションした、人工知能を使ったコンピュータプログラム、チャットボットがだいぶ普及してきました。人間の介入なしに、顧客とのやり取りをして問題解決までしてくれるこのデジタルツールが、オペレータの仕事を軽減してくれます。

欧米に登場したChattypeopleは、コーディングの知識なしで、Facebookメッセンジャーから直接注文を受けられるチャットボットを作れるプラットフォームです。

これまでランディングページにリンクされていた広告を、チャットボットを介してメッセンジャーのウィンドーへ転送します。こうすることの利点は、顧客によりパーソナル化した経験を与え、顧客が従来あなたに持っていた「売り手」のイメージを崩すことができることです。それによって忠実な顧客ベースのセールスを築き上げることができ、売り上げの伸びも期待できるようになるのです。

参照元:  Entrepreneur
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINEの法人向けカスタマーサービス「LINEカスタマーコネクト…
  2. eメールシグネチャーを使ってトラフィックを増やす方法
  3. 動画を持たなくても動画広告による収益化を可能にする「MovieA…
  4. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  5. ホリデーキャンペーンにはインフルエンサーがおすすめな理由
  6. ドリップキャンペーンでCV数アップ!メールは消費者の求める情報に…
  7. ピーチ・ジョンが「RetailNext Inc」のIoT小売り分…
  8. 自動運転を使った「ロボネコヤマト」始動、DeNAとヤマト運輸が2…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行