デジタルマーケティング

ソーシャルメディアを効果的に使うために(1)

今やソーシャルメディアはデジタルマーケティングの成功には不可欠です。しかしブランドのほとんどは、このツールを最大限には活用できていません。ソーシャルメディアをビジネスプロモーションにより良く使いこなすためには、どのようなことができるでしょうか。

相互参加のコミュニケーション

「フォロワー」や多くの「いいね」は重要ですが、それがソーシャルメディアのすべてではありません。 あなたがロボットではないことを、視聴者に示すことが肝心です。ユーモアと感情を吹き込んで、投稿に個性を出しましょう。毎回同じタイプの投稿の繰り返しは、聴衆を退屈させてしまいます。時には驚かせるような工夫が必要です。

初めての人と繋がるにはどうすればいいでしょうか。その答えは、「たくさん質問すること」です。そのほかにも、何か特定のことについての意見を募集したり、製品やサービス以外の価値ある情報を盛り込んだり、一方向のコミュニケーションにならないよう、聴衆の投稿にも「いいね」したり、聴衆に「いいね」や「共有」をリクエストしたりして、相互参加のコミュニケーションを図りましょう。

適したチャネルを使う

可能な限り多くの人に達することを目指して、利用できるすべてのソーシャルメディアチャネルにプロフィールを作っている人がいます。この考え方では、理想のターゲットオーディエンスには到達できません。

ソーシャルメディアチャネルを選択する際には、購入者のペルソナ見ることが大切です。洋服のブランドを立ち上げている時には必ずしもLinkedInプロフィールは必要ないでしょうし、防犯システムの販売にPinterestは不要でしょう。「数撃ちゃ当たる」式に得たリードは、その場限りで去ってしまいがち。長続きする関係を築ける顧客の獲得に努めましょう。

参照元:  Entrepreneur
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 世界に25億のユーザをもつSNSを活用するために
  2. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…
  3. ナショナル・ジオグラフィックから学ぶソーシャルメディア・マーケテ…
  4. 読まれないコンテンツを書かないための5つの工夫
  5. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  6. 「Messenger Lite」の提供地域拡充は日本のマーケティ…
  7. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  8. 主要国でのEC市場規模調査で日本は米国・中国に次ぐ3位に

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行