メディア戦略

マーケティング成功のカギは、パーソナル化

最近のデジタルマーケティング界のバズワードは ”Personalization”(パーソナル化)。アルゴリズムは、私たちの検索、購入、SNSぺージの閲覧方法を変えています。デジタルマーケティングのニュースサイトBusiness 2 Communityから、パーソナル化のヒントを当たってみましょう。

パーソナル化された広告

Google、 Facebook、 Twitter、Amazon、Instagram はみな、閲覧履歴に基づいて選択された情報を各ユーザへ送っています。昨日検索したジョギングシューズの広告が、オンラインで新聞を読んでいると横に現れるのはもう不思議ではありません。

このパーソナル化をあなたのサイトにも使用すれば、ターゲットオーディエンスに最適化した情報を送ることができます。そのためには、あなたの最も典型的な顧客の人口統計、購入行動、興味や悩みのポイントを含んだペルソナを作っておくことです。ペルソナを設定すると、各個人のニーズに基づいてブログ投稿、メール、ソーシャルコンテンツを分割することができます。

ペルソナの利用方法

デジタルマーケティングのオーナーがパーソナル化を使う場合の例です: あなたがグルテン抜きの製品を販売しているとすれば、ターゲットオーディエンスは当然セリアック病を患っている人ですね。しかしより深く掘り下げていくと、誘致したいバイヤーが他にもいることがわかります。セリアック病と診断されてはいないが、グルテン感受性があるかもしれない消費者、健康に配慮しているので、あなたの製品に興味がある消費者がいるかもしれません。これらのサブカテゴリ-消費者のそれぞれに訴える言葉を使用して、彼らをあなたのサイトに惹きつけるのです。

参照元:  Business 2 Community
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアマーケティングで絵文字を使うには?ポイントと注…
  2. インフルエンサー選びのポイント!的確なオーディエンスにアプローチ…
  3. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  4. WWFに学ぶクリエイティブなソーシャルメディアマーケティング
  5. 2018年にデジタルマーケティングはどう変わるか
  6. SNSをコンテンツマーケティングに活用するために
  7. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  8. コンテンツマーケティングを自動化する3ステップ

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行