Webマーケティングニュース

LINEが発表した次なる事業戦略の中身とは?

LINE株式会社は、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を2017年6月15日開催し、今後の具体的な事業戦略を発表しました。この「LINE CONFERENCE 2017」では、いくつかのLINEの新たな経営ビジョンが発表されています。 

新サービス「LINEショッピング」


6月15日からサービス開始となった新サービス「LINEショッピング」は、ファッション関連からスポーツ、インテリア・家電などといった様々なジャンルの店舗の入り口となることを目的に作られたサービスです。ショッピングと聞くとネットショップのようなイメージを抱きがちですが、LINEはあくまでもユーザーとショップを繋ぐ架け橋という位置付けなだけに、LINE内にショッピングカートや決済機能は存在しません。

LINEショッピングにはリリース時点ですでに100以上のブランドが参入しており、商品ラインナップは申し分ありません。6800万人といわれるLINEユーザーがベースにあるだけに、今後も参入企業は増えていくことでしょう。
また、ユーザーとしては外部アプリの追加ダウンロードなどが不要でそのままLINE上で使用できることも大きな利点です。

実際に購入するのは各ショップのサイトへ移動してからとなりますが、LINEショッピング経由で商品を購入するとLINEポイントが貯まる仕組みになっており、そのポイントは「LINE Pay」や「LINEコイン」と交換できるようになっています。LINEユーザーは複数のブランド商品をLINE上でチェックすることができ、LINEポイントも貯まるといういい事ずくめの新機能です。 

もう1つの新サービス「LINEデリマ」


今回LINEショッピングと合わせて発表された新サービスに、2017年夏のリリース予定となっている「LINEデリマ」があります。「LINEデリマ」は、「いますぐ、どこからでも」というコンセプトを基に、様々なジャンルの料理をスマホアプリから注文できるサービスのことです。LINEは2016年10月に国内最大規模のデリバリーポータルサイト「出前館」へ出資をするなど、かねてからデリバリー業界への参入のタイミングを伺っていただけに、この度ついに念願の本格参入という形になります。

LINEデリマの魅力は、アプリのトーク機能で食べたい料理を入力するだけで該当の近隣店舗が表示され、そのままアプリ上で注文できるという手軽さです。対応するフードメニューとしては、ピザやお寿司といった出前サービスの定番メニューから、牛丼やハンバーガーなども予定されています。まずはオンラインでの出前サービスから始まりますが、後々はテイクアウトなど実店舗への送客にも発展させていく予定です。

また、現在出前館と朝日新聞が実施している「シェアリングデリバリー」にも参入し、注力していくことも発表されています。このシェアリングデリバリーが広がれば、配達員が充実している企業が自社で配達システムを持たない飲食店の宅配代行が実現可能となります。そうなるとデリバリーサービスを提供できる飲食店は格段に増えることが予想され、LINEデリマの普及が一気に加速することでしょう。

すでにAmazonやUberなどがこういった食品系デリバリーサービスを運営していますが、まだまだ一般レベルへの普及は進んでいないのが現実です。膨大なユーザー数を誇るLINEが本格参入することで、日本においてはAmazonやUberよりも普及速度が格段に早くなることは容易に想像できます。さらにLINEデリマはフードだけに留まるつもりはなく、将来的には生鮮食品や医薬品のデリバリーサービスにまで発展させる計画というだけに、今後の動向には注目しておく価値があるでしょう。 

今後も積極的な事業展開を計画

LINEは新サービスの開始だけでなく、LINEアプリの地道なリニューアル、新機能追加も行っています。新サービスにばかり注目が集まってしまいますが、LINEアプリがあってこそのその他サービスでもあるので、細かなバージョンアップを疎かにしないところは流石といったところです。
この度発表されたLINEアプリの新機能・リニューアルは以下の通りです。

・カメラ機能のリニューアル(今夏公開予定)
・スライドショー機能搭載(公開時期未定)
・チャットライブ機能搭載(今夏公開予定)
・チャットアプリプラットフォーム機能搭載(2017年中に公開予定)
・ストーリー機能搭載(後悔時期未定)
・ポータルタブ(2017年中に公開予定)
・ウォレットタブ(2017年中の公開予定)
・「LINE Pay」本人確認不要での送金機能(今夏公開予定)

<カメラ機能のリニューアル>
トーク画面からのカメラ起動時に、顔認識機能によってエフェクト加工・フィルター加工が可能となります。

<スライドショー機能搭載>
複数枚の画像をスライドショー形式で共有可能となる機能。BGMやエフェクトも使用できる予定です。

<チャットライブ機能搭載>
トークルーム内のメンバーに対し、ライブ動画の配信が可能となります。

<チャットアプリプラットフォーム機能搭載>
トーク画面内にて拡張機能やプラグインを用いてトークルームのメニューを好みにカスタマイズできる機能です。「インチャットアプリ」というアプリをインストールすると、友達とイベント日程の共有やゲームをすることも可能となります。LINEの機能を大きく変えることになる機能だといえるでしょう。

<ストーリー機能搭載>
LINEアプリ内のタイムラインにて、動画の投稿やライブ動画の配信を簡単にできるようになるため、リアルタイム性の高いコミュニケーションが楽しめるようになります。こちらの機能もLINEの楽しみ方の可能性を広げてくれる新機能となりそうです。

<ポータルタブ>
2017年2月から導入された「ニュースタブ」が、「ポータルタブ」へと姿を変えます。新たにアップデートされるポータルタブでは、天気予報や電車の運行情報など、ポータルサイトのような存在に近付くことになります。また、ニュースコンテンツだけでなくマンガや音楽、動画などのコンテンツへのアクセスも気軽にできるようになる予定です。

<ウォレットタブ>
現在の「モアタブ」が「ウォレットタブ」へと生まれ変わります。ウォレットタブでは「LINE Pay」を利用した送金・残高確認などの基本処理から、様々なショップ・飲食店などのポイントカードやクーポンなどを統合管理することが可能となります。個別に管理するよりも遥かに利便性が向上することでしょう。

<「LINE Pay」本人確認不要での送金機能>
「LINE Pay」の機能の1つである送金機能が、銀行口座の登録や身分証のアップロードをしなくても利用可能となります。これにより、LINE Payを利用するユーザーのすべてがLINEの友達に送金することが可能となります。これまでLINE Payを利用したことのなかったユーザーにとってはハードルは確実に下がったといえるでしょう。 

まとめ

LINEは次々と新たなサービスを提供しており、そのすべてが的確な施策となっています。LINEが様々な分野においてプラットフォーム的な存在になっていくのは間違いなく、そのスピードも想像以上かもしれません。今後は海外の大手IT企業と国内でどういった戦いを演じていくのか、その動向には要注目です。 
 
参照元:LINE
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「BiNDクラウド」がサイトを自動生成する新機能「AiDジェネレ…
  2. マーケティングに活用すべき!レビューの効果と事例
  3. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  4. 効果的で手ごろなリード生成の4つのヒント
  5. ポイントはユーザーとの交流!スターバックスも実践するソーシャルメ…
  6. 購読者がビジネスメールをスパムと判断する理由
  7. Instagram、ストーリー内の広告適用範囲を世界的に拡大
  8. 製品の宣伝にユーザーも参加!UGCを増加させるなら「セルフィコン…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行