マーケティング全般

もっとLinkedInを使ってみよう

日本人はLinkedInを使わないことで有名です。LinkedInはビジネスに特化したSNS。欧米では初対面の相手と仕事をする際、必ずこのLinkedInを検索するのが習慣になっています。それでは日本のビジネスパーソンはどうしてこれを使わないのでしょうか。

名刺があるじゃないか

ごもっともです。日本では仕事始めに名刺交換をします。名刺に書かれているのは、所属組織名、肩書き、氏名と連絡先です。日本人同士の顔合わせは、大方これで済みます。欧米でも名刺は使いますが、それよりもメインなのがLinkedInです。

LinkedInには何が書かれているでしょうか。名前、現職、前職、出身校、フォローしている団体、同僚、ボランティアの経験、キャリア上の人脈、一緒に働いた人からの任意の推薦の言葉、お互いのスキル評価等々、実に詳細に書かれています。もちろんこれは本人次第ですから、出身校名は出しても専攻は書きたくなければそれでいいのです。

オンライン上の履歴書

LinkedIn使用者はこのSNSをリクルート用にも使いますから、アピールしたいスキルや仕事上の経験を事細かに書き込み、ポートフォリオやビデオ、リンクを付け加えたりもします。要は自分がどんな人間で、どんな職業経験があるのかを、この先一緒に働くかもしれない人に説明する場なのです。オンライン上の履歴書のようなものですから、写真も付いています。

外国のビジネスシーンでは初対面の人と会う前に、たいていLinkedInで相手の人となりを把握します。この先ますますバーチャル化するビジネス界。自己紹介の控えめな日本人も、相手に自分を素早くわかってもらうプレゼンの準備として、LinkedInを使ってみてはいかがでしょう。

執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. TwitterやInstagramで!おすすめのハッシュタグを3…
  2. リターゲティング広告とは何か
  3. ネイティブ広告は「素人感」を意識!ユーザーのストレスを減少するア…
  4. フォロワーではなくファンの多さがカギ。ファンの声に耳を傾けてエン…
  5. Instagram、複数の写真やビデオを投稿できる機能を導入
  6. 欧米マーケティング担当者がSnapchatよりInstagram…
  7. リーボックのユニークなインフルエンサーマーケティング
  8. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行