デジタルマーケティング

成功したコンテンツを最大限に活用する3つの方法

内容の濃いコンテンツの大切さはわかっていても、コンテンツを作り出すのは至難の業です。ユーザのニーズやパターンを把握できても、それをバイラルなコンテンツに仕上げられるとは限りません。米国のマーケティングサービス企業HigherVisibilityのブログでは、過去にヒットしたコンテンツの再利用の方法を紹介しています。

1.成功したコンテンツをさまざまなプラットフォームに再掲載する

あなたの記事の全てをワードプレスのブログに投稿し、SNSチャネルに共有することは当然ですが、その他の場所にも投稿することができます。たとえばMediumLinkedInにはビルトインの聴衆がおり、より多くのビューや共有を期待できます。このようなプラットフォームにトップコンテンツを再掲載することで、より多くのユーザを対象にすることができます。

2.トップコンテンツをリサイクル、改訂、更新する

すでにヒットしたコンテンツに微調整を加えることで、新しく関連性の高いものにすることができます。ブログ投稿のトラフィックと分析を見て、成功した投稿を特定します。それに新しい情報、写真/グラフィック/ケーススタディ/統計など、更新するために追加または置換えられるものがあるかを確認します。

3.古いコンテンツから新しいアイデアを発信する

成果の高いコンテンツから、新しいアイデアを絞り出すこともできます。データ重視の技術的な記事の寿命を伸ばすには、同じ素材を視覚的にインフォグラフィックで表してみます。また人気のあるトレンディなトピックがあったら、それをポッドキャストやFacebookのライブビデオに変えてみることもできます。最も興味深いコンテンツをさまざまなコンテンツ形式で試すことから、将来のトピックを特定することができるのです。

参照元:  HigherVisibility
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. この本は使える!文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート…
  2. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  3. 動画を持たなくても動画広告による収益化を可能にする「MovieA…
  4. 使い分けが重要?Instagramなどソーシャルメディア別ハッシ…
  5. Youtubeがモバイルアプリから直接できる「ライブ配信機能」を…
  6. ホーム・デポ実践!コンテンツマーケティングで製品を使ったアイデア…
  7. Facebookの新機能!「ライブ動画」をビジネスに導入する方法…
  8. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行