メディア戦略

ビデオを使ったストーリーテリングの4原則

ビデオは最も魅力的なコンテンツです。ブランドのキャラクターを形作り、顧客を引き付けるのに効果的なツールです。ビジュアルで消化しやすく、アクセスしやすく、共有もできます。米国のビジネスブログBusiness 2 Communityの紹介する4原則を踏まえて、ビデオでのストーリーテリングを向上させてください。

フレンドリーであれ

あなたの製品が他のものより優れていると繰り返すのは、逆効果。効果的なビデオコンテンツとは、顧客に共通した関心事を共有したものです。一般的な問題への解決策や、疑問への回答、業界の変化についての情報など、価値あるコンテンツを提供することで顧客の信頼の輪に入ることができます。

文脈を含める

文脈を説明することは、ストーリーテリングに不可欠です。ジャーナリズムの基本原則(何を、どこで、誰が、いつ、なぜ、どのように)を借りて、文脈への視聴者の理解を助けましょう。ドロップボックスの紹介ビデオでは、鍵や小銭入れを置き忘れがちの人々の傾向を示して「何でも入れられる魔法のポケットがあったら…」と、クラウドに情報を収納する同社のサービスコンセプトを説明しています。

あなたのシグネチャーを作る

発信するビデオがあなたのものだと分からなければ、何にもなりません。ビデオにはあなたのシグネチャーを入れます。ブランドアイデンティティの作成は不可欠です。小さなビジネスにはマスコットを使うといいでしょう。ロゴよりも親近感を与え、よく覚えてもらえます。

フォーマルな外観を曲げてみる

ビデオマーケティングでは、フォーマルなスタイルを好む企業がほとんどですが、世界的大企業のGuardianでさえ、カラフルでカジュアルな画像をフェイスブックに載せています。

まとめ

ストーリーテリングビデオをブランド構築ツールとして使うには、自社自慢をやめて、視聴者に向けてよりパーソナライズすることです。聴衆があなたのブランドを好きになるようなビデオを作って、聴衆と親しくなることを目指しましょう。

参照元: Business 2 Community
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. リターゲティング広告とは何か
  2. この本は使える!文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート…
  3. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  4. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  5. ソーシャルメディアを効果的に使うために(2)
  6. クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類…
  7. 無料で使える!ソーシャルメディア運用に使える管理ツール4選
  8. ソーシャルメディアマーケティングで絵文字を使うには?ポイントと注…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行