Webマーケティングニュース

Fringe81、ネット広告出稿データを集約・可視化する「Columva」をリリース

Fringe81株式会社は、ネット広告の出稿結果データをわかりやすくまとめ、表面には出てこない問題点に対する仮説などを可視化し自動通知するサービス「Columva(コルンバ)」の提供開始を2017年5月22日発表いたしました。 

開発の背景

ネット広告が多様化する昨今では、広告主は各所に散らばった出稿データから状況を把握し課題を探し出す作業に多くの労力を奪われています。そのため、多くのデータを効率良く収集し、課題を可視化するためのシステム導入が不可欠となりつつあります。そこでFringe81ではこの課題に対し、簡単で高性能かつ初期導入費用無料というColumvaのリリースという答えを出すことになりました。 

Columva を使うメリット

Columvaを使用するメリットは次の3つが挙げられます。

・データ統合のコストを減らすことができる
・高度な知識や経験が求められていた状況判断が誰でも可能になる
・知りたいデータをストレスなく確認できる

データ統合にかかる人的コストの削減はシステム導入の最大のメリットとなり、知見継承のリスクも減らせます。また、データ抽出を代行できることで知りたいデータをストレスなく確認できるのも大きなメリットだといえるでしょう。 

まとめ

零細企業でマーケティングにリソースを投入する余裕がない企業こそ、Columvaのようなシステムは早急に導入すべきです。広告出稿データの正確でスピーディーな分析は今後のWebマーケティングには欠かせないポイントです。Columvaは初期導入費用がかからないため、まず試してみるにはリスクが少なくて良いのではないでしょうか。 
 
参照元:フリンジ ハチイチ
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 楽天データマーケティング株式会社が満を持して営業を開始
  2. 「mitayo.」に動画配信機能を追加で情報へのさらなる興味喚起…
  3. コミュニケーションデータをAIが分析する「DECode」がスター…
  4. 個人でも利用できる決済サービス「AnyPay」スタート
  5. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  6. 富士通SSLが企業向け国産CMS「WebコアCMS」を販売開始
  7. 日立製作所がAIを活用した「顧客ロイヤルティ向上サービス」を開始…
  8. QnaryとNews2uが提携し情報発信支援サービスを展開へ

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行