マーケティング全般

コンテンツマーケティングにいくら投資すべきか

世の中にはコンテンツマーケティングの効果を確認するまでは投資しない起業家、投資したいがどれだけ投資すればいいかわからないというビジネスオーナーがいます。ここではコンテンツマーケティングにどのくらい投資すべきかを考えてみましょう。

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングには、コンテンツを様々な場所に公開することでより多くの人の目にブランドが触れ、売上が伸びる可能性がある、 SEO、インバウンドリンク、SNS、メールマーケティングなどのチャネルを通じて新しいトラフィックを惹き付けることができる、コンテンツが気に入るとユーザは長くサイトに留まり、より頻繁にアクセスするようになるという特徴があります。どれもうまく使えば長期にわたって効果の期待できるマーケティングです。

潜在的なリスク

コンテンツマーケティングに手間や資金を費やすことは、賭けではありません。むしろリスクになるのは、自分の理想的な戦略を把握する前に多額の投資をすることです。小さな投資から始め、聴衆のペルソナを掴むための時間を持ちましょう。そうすれば、投資を拡大する時にそれを効果的に使うことができます。

結果曲線

コンテンツマーケティングでは、キャンペーンの初段階には大きな利益は見られません。しかし投稿を続ければ、時間の経過と共に評判は上昇しROIも向上します。コンテンツマーケティングでは小規模から始め、それを維持して構築していくことが肝心です。

質と量

できるだけ安く多くの投稿をして、短期間に見返りを得ようという戦略は機能しません。多くの低質な投稿よりも、良質なコンテンツに投資した方が効果的です。しかし同時に、注意を惹くのに十分なだけのポスト量も必要となります。従って結果が出るまでの最低限の投資はどうしても必要です。通常少なくとも週1回は新しいコンテンツを投稿しましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングでは、収益を生み出すのに時間がかかります。辛抱強く質の高いコンテンツを作ることに努め、徐々に投資を増やし、対投資収益率を高げて行きましょう。

参照元: Entrepreneur
執筆者: シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  2. 消費者と企業をつなげるライブ配信!Twitter活用中ならPer…
  3. App Annieが提供するアプリビジネスに役立つ分析ツールをリ…
  4. Spotifyが広告配信サービス「Branded Moments…
  5. Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる…
  6. Facebookの広告メッセージ、ユーザーとの関係を再度アクティ…
  7. 日本トイザらスに見るSNSの使い分け
  8. B2B消費者はB2C消費者よりも個人的なサービスを評価している

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行