Webマーケティングニュース

「gooラボ」からスマホサイトの自動レイアウトチェックサービスを提供開始へ

NTTレゾナント株式会社は、スマホサイトの自動レイアウトチェックサービス「AutoLayoutChecker(オートレイアウトチェッカー)」のβ版を「gooラボ」にて公開することを2017年5月9日発表いたしました。本サービスは同日より公開開始となっています。 

サービス提供の背景

ウェブサイトはスマホ対応させていたとしても、OSや機種の違いによってレイアウトが崩れてしまうことは珍しいことではありません。特に近年ではスマホの急激な普及により多くの機種が販売されていることでレイアウト崩れが起きやすくなっています。しかしレイアウトチェックすることにも膨大な時間や労力を必要とすることから、目視によるレイアウトの検証は非常に困難となっていたのも事実です。
ツールによる検証も行われていますが、目視と違い詳細な問題箇所の特定が難しいという難点がありました。このような課題を早急にクリアすべく、「AutoLayoutChecker(オートレイアウトチェッカー)」が開発される運びとなりました。 

サービスの機能詳細

「AutoLayoutChecker」ではサイト内をパーツごとに分けて比較し、そのパーツ単位でレイアウトの崩れを検出してくれる仕組みとなっています。これにより問題箇所をピンポイントで特定可能となり、効率的かつ正確なレイアウトチェックを実現させました。画像・文字列単位でパーツの特性に合わせた最適な比較手法を用いることも可能となっています。 

まとめ

これまで目視では非効率でツールでは詳細な検証が難しかったスマホレイアウトチェックですが、「AutoLayoutChecker」ではそれらの課題をクリアするシステムが導入されているため、Web制作会社にとっては事業を手助けしてくれる便利なサービスとなることでしょう。レイアウトチェックの効率化に悩まされていた企業にとっては、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。 
 
参照元:goo
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 日本経済社がCRMスタートパッケージを販売開始
  2. キャンセル枠を販売できる「Cansell」プレビュー版リリース予…
  3. 「クオリティフィルター機能」でTwitterマーケティングが効率…
  4. Facebookダイナミック広告が航空券の宣伝にも対応へ
  5. ドン・キホーテが行う、twitterやSNSの投稿を分析した顧客…
  6. スマートニュースとトランスコスモスが「チャット広告商品」を共同開…
  7. 「Adobe Campaign」が「LINE ビジネスコネクト」…
  8. Twitterが公式アプリにQRコードでフォローできる機能を追加…

ピックアップ

ブログを収益化するための6つのヒント

ブログから収益を得る方法を模索しているブロガーはたくさんいると思います。以下のヒントを使って、ブログ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行