Webマーケティングニュース

「Messenger Lite」の提供地域拡充は日本のマーケティングにも影響あり?

Facebookは、Messengerの軽量版アプリ「Messenger Lite」の提供地域を広げ、世界150ヵ国以上で使用できるようになったことを2017年4月27日発表いたしました。これにより、ようやく日本でも「Messenger Lite」を使用することが可能となります。 

「Messenger Lite」とは

「Messenger Lite」とは、通常のFacebook Messengerのスリム化版で、インターネット回線が低速な地域であったり、最新機種を持っていない人でも快適にMessengerアプリを使用するために作成されたアプリです。2016年10月のローンチ以来対象国を着実に広げてきました。機能は通常版と同じ機能が使用でき、インターネット回線の速度が世界平均を下回っている地域を対象に作られています。メッセージのやり取りをする相手が通常版とLite版のどちらを使用していても同じように送受信可能です。 

日本のマーケティング界への影響は?

「Messenger Lite」が日本でも使用可能となり、ウェブマーケティング界にも影響が出ることが予想されます。Lite版が使用できるようになりFacebook Messengerを使用するユーザーが増えることで、マーケットが拡大します。マーケットが大きくなればMessengerを活用したマーケティングに参入してくる企業は確実に増え、新たなサービスも次々と生まれてくることでしょう。これまでにはなかった斬新なアイデアが出て来ることも予想されます。 

まとめ

日本のコミュニケーションアプリ市場は「LINE」が圧倒的なシェアを誇っていますが、そこに割って入れるとすれば現状Facebook Messengerが最有力です。「Messenger Lite」が日本に上陸したことで、今後どのようにマーケットが成長していくのか注目する価値は十分にあるでしょう。 
 
参照元:Facebook
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. はてなブックマークとVideo & TV SideVie…
  2. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  3. Facebook、ライブ配信の音声版「Facebook Audi…
  4. まったくゼロからのSEOの学び方
  5. EC会員をセグメント分けしてLINEメッセージを送れるサービス始…
  6. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  7. GMO TECHがPR動画作成プラットフォームを提供開始へ
  8. スターバックスに学ぶ季節に合わせたマーケティングで注目を集める方…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行