オウンドメディア

爆発的な人気「料理動画」の秘密

BuzzFeed Japanが運営する料理動画「Tasty(テイスティ)」をご存知でしょうか?30秒~1分という短い時間で、料理の作り方を撮影した動画です。
BuzzFeed Japanは「Tasty Japan」のソーシャル・プラットフォームにおける公式アカウントのフォロワー数が500万人を超えたことを発表しました。

料理動画はいま、世界的な人気があります。
なぜ、これほど人気なのでしょうか?
そして、その人気の秘訣を、どのように自社のマーケティングに取り入れられるでしょうか?

再生時間の短さとSNSに最適化された形式

なぜ、料理動画がこれほどシェアされ、多くの人を魅了するのでしょうか?
食べ物そのものが人気コンテンツであることや、動画の質の高さもあるでしょうが、それだけの条件を満たす動画は他にも多くあります。

やはり「Tasty Japan」が他と差をつけたのは、最後まで見られる工夫がされていることや、SNSで見られることを前提にスマートフォンに最適化されているところが大きいでしょう。

「Tasty Japan」の再生時間は30秒~1分ほどの非常に短い動画です。たったこれだけの時間ですから、最後まで動画を楽しんでもらうことができます。料理の工程をわずか1分の動画に収めるために、動画は倍速再生になっています。再生速度を上げてすぐに完成に持っていくという飽きさせないための工夫です。

また、その動画はSNSでシェアされやすくするために、縦長の動画を使用しています。
「Tasty Japan」は分散型メディアと呼ばれるものです。自社サイトを持たず、SNSやYouTubeといったあらゆるメディアで配信し、露出を高め、多くの人に気に入ってもらいシェアしてもらうことが目的です。ですから、SNSで見たときに見栄えがするよう、縦型になっています。

まとめ

動画コンテンツは、ユーザーが興味を失い、途中で離脱しないよう、短く収めるのが鉄則です。そのために的確な工夫をしなければなりません。今回ご紹介した「Tasty Japan」では、倍速再生で情報量を圧縮するという工夫がされていました。このような他社の工夫を参考にして、最後まで見てもらえる動画づくりに生かしてみて下さい。

参照:Tasty Japan Facebookページ
執筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 24時間で消えるInstagrama Stories!マーケティ…
  2. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…
  3. 【美容・健康編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇トピ…
  4. Instagramの複数投稿の活用法。ハウツーとして情報発信
  5. 潜在価値No1のドメイン「.shop」オークション開始
  6. 【コラム】自社で編集権を持つとオウンドメディアは大抵面白くなくな…
  7. 仮想現実の次は拡張現実に注目!ARを活用したプロモーション事例
  8. ソーシャルメディアマーケティングを利用して顧客の関心を引くテクニ…

ピックアップ

これだけは押さえておきたい、コンテンツマーケティングの要点

SEO、ブログ、モバイル、SNSなど多分野にまたがる現代ビジネスの収束点に、コンテンツマーケティング…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行