Webマーケティングニュース

Facebook広告で商品をよりアピールできる「カスタムバッジ機能」開発

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社とトーチライトは、トーチライトが提供しているフィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」にて、広告主がFacebookダイナミック広告へ出稿する際に、セール商品などを積極的にアピールすることが可能な「カスタムバッジ機能」を開発したことを2017年4月6日発表いたしました。 

「カスタムバッジ機能」とは

この度新たに開発された「カスタムバッジ機能」とは、Facebookフィード広告向けに開発された独自機能となります。株式会社アイレップのデータフィード最適化システム「Marketia Feed Manager」とFacebookダイナミック広告を連携させ、カスタムバッジ機能も合わせて活用することにより特定商品のアピールを強化することが可能となります。商品数の多いECサイトでも最小限の手間でセール商品などを目立たせることが可能です。 

制作コストの削減へ

カスタムバッジ機能を使うことにより、「セール」や「送料無料」などといったアピールしたい内容に合わせた文言を自動的に追加することができます。そのため、広告主は商品画像を一つひとつ加工する必要がなくなります。バッジの種類については複数のバリエーションから好きなものを選択可能です。この機能を活用すれば、広告効果の向上だけでなく画像編集の制作コストの削減にもつなけることができるでしょう。 

まとめ

アピールしたい商品にバッジを付けるというシンプルな機能でありながら、広告効果への影響や制作コストの削減など大きなメリットをもたらしてくれることが期待できます。Facebookダイナミック広告への出稿の手間に悩んでいる企業にとっては魅力的なサービスとなるでしょう。 
 
参照元:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Facebook広告」はターゲティングをマスターして効果アップ…
  2. Facebookがスライドショー広告に新機能を追加
  3. GMOクラウドがWebセキュリティサービス「SiteLock」を…
  4. ランサーズ、ついにQuantの全機能を提供開始
  5. ソーシャルメディア上で観光スポットの話題量を測定する新サービス開…
  6. 「mitayo.」に動画配信機能を追加で情報へのさらなる興味喚起…
  7. スマホユーザーのアプリ利用数増加に見る広告費を注力すべき場所とは…
  8. 画像変換・配信サービス「ImageFlux」が提供開始!

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行