Webマーケティングニュース

テレビとWebのメディアプラニングツール「Handy Media Planner」提供へ

株式会社Handy Marketing、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー株式会社の3社は、メディア横断型統合マーケティング支援を目的に、テレビとWebの次世代型メディアプランニングツール「Handy Media Planner」を提供することで合意したと2017年4月10日発表いたしました。 

「Handy Media Planner」提供の背景

近年のマーケティングはデバイスやコンテンツの多様化などでユーザーのメディア接触の手段が変死し、広告予算の最適化などで難しい問題を抱えている企業が多くなりました。そんな中でYahoo!JAPANはテレビ視聴率とWeb行動データを統合した調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」を開発しました。この「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」を活用した「Handy Media Planner」をこの度3社が提供することになり、広告主のマーケティングを支援していくことになります。 

「Handy Media Planner」の活用

「Handy Media Planner」は10万人規模のテレビCMやWeb広告の広告効果データを有効活用し、テレビ・PC・モバイルの広告を組み合わせて総合的に最適な広告出稿を提案します。これまで交わることのなかったテレビCMとWeb広告を同じ指標を用いて比較することにより、最適な出稿計画を練ることが可能となるでしょう。 

まとめ

今回の大手企業による新ツール発表は、これまでは完全に区別して考えられることが多かったテレビCMとWeb広告を、同じ土俵で比較する新たな時代へと突入したことを意味します。「Handy Media Planner」はメディアの枠を越えた広告出稿の最適化を目指すサービスとして、その成果は大きな注目を集めることとなるでしょう。 
 
参照元:ヤフー
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ポケモンGOで地域活性!ヨコスカGO宣言に学ぶコンテンツマーケテ…
  2. 国内動画広告の市場規模が大幅拡大。スマートフォン需要が全体の7割…
  3. 最新版Movable Type 6.3は実行速度を大幅改善
  4. ECサイトでぴったりサイズの服を勧める「unisize」ローンチ…
  5. Facebookの広告メッセージ、ユーザーとの関係を再度アクティ…
  6. アクティブコア、自動でセグメント分けする新機能を発表
  7. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」
  8. LINEトーク画面のみで、決済まで行えるサービス開始予定

ピックアップ

Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる

ユーザー参加型コンテンツとして、「どの製品が好きか」「どういったものを見たいか」という投票企画は高い…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行