Webマーケティングニュース

LINE@とチャットボット型接客ツール「Proactive AI」が連係開始

株式会社アルベルトは、チャットボット型接客ツール「Proactive AI」にLINE連携機能を追加したことを2017年4月13日発表いたしました。Proactive AIとは問い合わせへの自動応答機能などを搭載したチャットボット型接客ツールです。 

LINE連携による効果

Proactive AIはこれまでWebサイトからのみの利用となっていましたが、LINE@アカウントをユーザーが友達追加することでLINEからでも機能の一部を利用することが可能となりました。Webサイトで取得した会員IDとLINEを紐付けることにより、ユーザーがLINEで商品検索をする際にWebサイトの過去ログをもとに検索結果をパーソナライズさせることが可能となります。LINEでのユーザーからの問い合わせに対しても、自動応答することが可能となります。自動応答の内容はWebサイトとLINEを共通で設定できる仕組みなのでどちらのチャネルでも同じ内容の回答をすることが可能です。 

今後の展開

「Proactive AI」のLINE連携の今後の展開としては、「プロアクティブサポート機能」の追加が予定されています。プロアクティブサポート機能が追加されれば、取得した行動データを活用しLINEの通知機能で登録ユーザーへプッシュ通知を送ることが可能となります。これによりこれまでよりもより積極的なマーケティングが実現することでしょう。 

まとめ

LINEと連携したAIでの自動応答サービスは急速に広がってきていますが、Proactive AIもこれまで自社で蓄積したデータを最大限活用したサービスを展開していくことが期待されます。新機能追加も含め、今後の動向には要注目だといえるでしょう。 
 
参照元:アルベルト
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インフルエンサマーケティングツール「iCON Suite」リリー…
  2. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  3. デジタルマーケティングでは、目標設定が肝心
  4. Facebookを修正するには、何年もかかる!?
  5. モバイル決済プラットフォームOrigami Payに2つの新機能…
  6. 電通アイソバー、Adobe Analyticsの導入・活用支援サ…
  7. ウェブサイトにビデオは不要、必要なのはビデオコンテンツ
  8. 「yenta」がGoogleカレンダーと連携しマッチング後のビジ…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行