デジタルマーケティング

ドイツのビール会社が考えたポイ捨てを防ぐ缶ビールとは?

タバコやペットボトル、缶などのポイ捨てを止めるように多くの企業が注意喚起をしています。こういったポイ捨てや地球温暖化につながる行動を抑制しようと訴えるキャンペーンは、面白いコンテンツであればソーシャルメディアでたくさん共有され、社会貢献と企業の認知度アップが期待できます。
今回はドイツのビール会社のポイ捨てを防止するために行った戦略を紹介します。

捨てるのが惜しくなるデザインの缶を作成

ドイツのビール製造会社「AND UNION」は、同社が製造するクラフトビールの缶をユニークなデザインで製作しました。表面はところどころ溝のあるデザイン性の高く、ビビッドなカラーを使って人目を引くパッケージです。カラー展開が豊富な点もコレクター欲をくすぐるポイント。ポイ捨てしてしまうのが惜しくなるデザインを作ることでポイ捨て防止に役立ちました。

またデザイン性の高さからソーシャルメディアと相性が良い点もこの製品の魅力。インテリアとしてリサイクルできるので、フォロワーにリサイクルアイデアの提供を促せばさらに露出度増加が期待できます。UGCやコンテスト企画につなげられる点も、パッケージデザインがデザイン性の高い製品の利点です。

まとめ

デザイン性の高い製品を作成したら、その製品を再利用したアイデアをソーシャルメディアで募集してみましょう。より多くの関連コンテンツをソーシャルメディアに配信できます。

参照元:HubSpot
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業のソーシャルメディア運用。停滞させないための対策とは
  2. ステマと言われないためのインフルエンサーマーケティング
  3. 【Twitter】文字数制限に悩んでるならスクリーンショットを活…
  4. VineがVine Cameraへ。動画マーケティングの後押しに…
  5. 「マイクロモーメント」を逃さないためのポイント
  6. 動画配信中に製品購入可能なライブストリーミングアプリ「Buske…
  7. 【ファッション編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇ト…
  8. 2大トレンド「パーソナライズ」と「動画」を取り入れたパーソナライ…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行