マーケティング全般

投稿枠数の節約にも!インスタグラムの複数投稿にアニメーションを活用

インスタグラムの複数投稿機能を使ったコンテンツは、ページをめくるようにコンテンツを表示できるので次にどんな写真や動画が表示されるかというワクワク感を提供できます。この複数投稿と相性がいいのがアニメーションです。
アニメーションを組み合わせたコンテンツは、スライドして次の画像に移るときなどに様々な仕掛けを施せます。事例を参考にアニメーションと複数投稿を組み合わせたコンテンツをみてみましょう。

アニメーションを使って情報を多く入れる

画像出典:@secondfacelyon

Second Faceはアニメーションを使って新しいウェブサイトの紹介をしました。
ウェブサイトの全体のデザインをアニメーションを使って表現しています。普通なら2〜3枚の画像が必要な作業を1つの画像に収めることができて、添付可能枠数の節約に貢献。動きがあることでユーザーを楽しませます。

またスワイプを促す矢印も、アニメーションで動かすことで目立たせています。画像に組み込んだ情報で目立たせたいものをアニメーションにすることで、ユーザーに次の行動を円滑に促せました。

この事例以外にも、アニメーションはビフォーアフターを表現するコンテンツで力を発揮。アニメーションでビフォーアフターを表現することでテレビを見ているようなエンターテインメント性が生まれます。画像を2つ並べてビフォーアフターを表現するよりも工夫されたコンテンツに仕上がります。

まとめ

ユーザーの反応を引き出したい場合は、動きのあるコンテンツを活用するのがおすすめです。

参照元:Social Media Today
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  2. Twitterが公式アプリにQRコードでフォローできる機能を追加…
  3. Facebookライブがパソコンに対応。マーケターが知っておくべ…
  4. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…
  5. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  6. 将来の優良顧客に集中して広告配信できるサービスが開始!
  7. Instagramが新機能導入!コメントオフでコンテンツだけを目…
  8. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…

ピックアップ

Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる

ユーザー参加型コンテンツとして、「どの製品が好きか」「どういったものを見たいか」という投票企画は高い…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行