オウンドメディア

ぺルソナ設定を中途半端に終わらせないためには?

マーケティングを担当していると、よく「ターゲット」という言葉を使いますが、あなたはこの「ターゲット」を本当に正しく理解できていますか?

どんなに商品の魅力を熱く語ったメッセージであっても、届ける相手のことを意識していなければ、誰の心にも届かないものになってしまいます。

正しくターゲットを定義し、それを見失わずにマーケティング活動を行っていくためには、ペルソナをしっかり設定することが重要です。ここでは、ペルソナを簡単に設定する方法をご紹介します。

デモグラフィックとサイコグラフィック

ペルソナとは、理想的な自社の顧客像のことです。さらに言えば、その顧客増の「プロフィール」のことです。
ペルソナを設定する際は、「関東に住む20代男性」ではなく「東京都○○区に住む25歳男性。名前は○○」というように、具体的に落とし込んで、社内の全員がイメージを共有できる状態にしましょう。

このペルソナ設定の際、「一人の人間のプロフィールを詳細に作るのは大変そう」「思いつくままに設定を出していくと、収拾がつかない」ということが起こり、まとまらないまま、中途半端に終わってしまうことがあります。

この場合、「デモグラフィック」「サイコグラフィック」を分けて考えるようにすると、整理しやすくなります。デモグラフィックは「性別・年齢・居住地」といった事実のことで、サイコグラフィックは価値観・考え方など、購買動機に繋がりそうな思想的な部分です。

デモグラフィックで大まかな人物像を作った後に、サイコグラフィックを使って深い部分を考えていくと、情報を整理しながら考えやすくなります。

まとめ

ペルソナを設定するのは、ターゲットを決めるのとは違い、時間のかかる作業です。
しかし、ペルソナを決めることで、商品の本当に必要とする顧客に確実に刺さるメッセージを届けることができるようになるため、その効果は大きいはずです。
ぜひ、納得がいくまで考え抜いて設定してください。

執筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【コラム】オウンドメディア運用の失敗パターンとその理由
  2. 「ロリポップ!」レスポンシブサイト作成できるサービス開始
  3. 小学館がタテ型動画でニュースを配信
  4. スヌープ・ドッグに学ぶブランディング!発言に一貫性を持つことがポ…
  5. Movable Type新バージョンの提供でOpenSSLの脆弱…
  6. 中国向け動画プロモ「WEIQ for Video」提供開始
  7. オウンドメディアに掲載すべきコンテンツとはどんなもの?
  8. 機械学習を取り入れる!新テクノロジーを使ったマーケティング成功の…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行