Webマーケティングニュース

ウェブサイト分析人工知能「AIアナリスト」が分析手法を強化へ

株式会社WACUL(ワカル)は、自社が開発するウェブサイト分析の人工知能「AIアナリスト」をリニューアルしたことを2017年3月27日発表いたしました。ロゴなどのデザイン一新の他に、分析手法もお幅に強化されることとなりました。 

「AIアナリスト」とは

「AIアナリスト」はGoogleAnalyticsのアクセス解析データと連携させ、大量のデータを人工知能によって分析し、課題の発見やその課題の改善方法の提案を自動で行ってくれるサービスです。大企業と違い中小企業は、ウェブ解析専門の社員を雇う余裕がない企業も多く、せっかくの蓄積したデータを活かしきれていないことも多いのが事実です。そういった問題を「AIアナリスト」を導入することで改善させることを狙い、開発されたサービスとなります。 

強化された分析手法

今回のリニューアルでは分析手法が大幅に強化されました。

・フォーム誘導分析
・広告LP分析
・重要検索ワード分析
・類似サイト分析
・広告の間接効果分析

これらの機能が強化、または新たにリリース予定となり、これまでは人間が行うと約40時間かかる分析を人工知能が行っていましたが、これからは約500時間分の分析手法へと大幅に強化されました。また、サイトの特性に合わせたユーザー別の分析にも対応し、ユーザーを指定するだけで人工知能が分析を行ってくれます。 

まとめ

人工知能を活用したサービスが急速に広まっている中で、ウェブサイトの分析も人工知能を活用すれば人件費を削減可能となります。人間以上の生産性をもたらしてくれることが予想できるだけに、ウェブサイト分析に困っている企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。 
 
参照元:WACUL
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Salesforce Pardot」で効率的なマーケティングオ…
  2. 【事例】「やずや」から学ぶ中小企業が成功するためのDRM
  3. ドクターシーラボが採用したマーケティングツール「activeco…
  4. インフィード広告はソーシャルメディアが主戦場
  5. GMO TECHがPR動画作成プラットフォームを提供開始へ
  6. 画像やロゴを簡単に作成できる無料デザインツールCanva日本語版…
  7. 自動運転を使った「ロボネコヤマト」始動、DeNAとヤマト運輸が2…
  8. LTVがアップ!定期購入型の販売手法とは?

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行