Webマーケティングニュース

LINE内で接客する「チャットBOTガイドサービス」が提供開始へ

デジタルマーケティング支援事業を行う株式会社アイ・エム・ジェイは、LINE Beaconを活用したチャットBOTガイドサービスの提供開始を2017年3月23日発表いたしました。これにより、商業施設やイベント会場など特定の場所にいるユーザーに対し、LINE内で会話をするように接客を行うことが可能となります。 

新サービス開始の背景

多くの企業では接客コストを下げるために注文タッチパネルや音声ガイドなどを導入することがこれまでの主流の対策でしたが、こういった対策だけでは効率化することはできても顧客とのコミュニケーションや長期的な顧客管理を行うことが難しかったのが事実です。顧客側も多くの情報の中から今必要な情報を探すことに手間がかかっていました。そういった問題を解決するためのサービスとして、店舗と顧客が一歩踏み込んでつながることができる「チャットBOTガイドサービス」の提供へとつながることになりました。 

「チャットBOTガイドサービス」の特徴

「チャットBOTガイドサービス」はLINE BeaconとMessaging API対応の対話型サービスとなります。LINE内でビーコンを受信した顧客とBOTで会話をしつつガイドを行います。特徴のひとつとして、ビーコンを利用することでその場にいる人のスマートフォンにPUSH通知を行い、コミュニケーションがスタートするという仕組みがあります。LINEユーザーは約6,600万人ともいわれているほどなので、新たなアプリをダウンロードさせる必要がないことも大きなポイントです。BOTで会話をすることでデータを取得することもでき、尚且つCRMへの誘導も期待されます。 

まとめ

今やスマホユーザーにとってLINEアプリの利用はセットのようになっているのが現実なので、LINEを通して顧客とコミュニケーションを取るというのは非常に効率的な手段でもあります。その場でのマーケティングだけでなくデータの取得による長期的な顧客管理までも実現するため、CRMでの大きな可能性が期待できます。 
 
参照元:アイ・エム・ジェイ
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. スマホヘビーユーザーの実態とこれからのソーシャルメディアマーケテ…
  2. Twitter、tweetstorm機能の導入をめざす
  3. 2018年にデジタルマーケティングに起こりそうなこと
  4. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…
  5. ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法
  6. ソーシャルメディアに投稿する頻度
  7. 「さくらのVPS」に上位プランへ変更可能なスケールアップ機能を追…
  8. アルファサード株式会社がスマホ向けアプリ「PowerCMS」をリ…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行