Webマーケティングニュース

「スマートチーター19.0」マルチデバイス間のユーザー判別が可能に

株式会社ペンシルは、自社で開発を手がけるサイト分析ツール「スマートチーター」に「タグログX」を活用したユーザー追跡機能や、「Google Search Console」データを自動で取得可能な新機能を搭載した「スマートチーター19.0」の提供開始を2017年3月21日発表いたしました。このスマートチーター19.0は、すでに3月1日からスタートしています。 

スマートチーターの特徴

「スマートチーター」とは、ペンシル社が自社のウェブコンサルティングのノウハウを最大限活用して開発を続ける戦略的サイト分析ツールです。開発を開始したのは2005年で、随時新機能を追加してアップデートされてきました。「簡単」「高速」「わかりやすい」といったところが特徴で、サイト分析にあまり慣れていないような初心者にも扱いやすく設計されています。しかし、決して初心者向けと限定されているわけではなく、ペンシル社のサイト分析ノウハウも盛り込まれているので分析のプロでも満足できる機能を備えています。 

新機能によって変わること

今回のアップデートで搭載された新機能の1つが、「タグログX」というオプション機能を使用した「ユーザー追跡機能」です。これまではCookie情報だけで複数のデバイス間やサイト間のユニークユーザーを判別することは難しかったのですが、タグログXがそれらを独自に判別することでマルチデバイス間のユニークユーザーの判定が可能となりました。また、「Google Search Console」からデータを自動取得し、閲覧することも可能となります。これはGoogleだけでなくYahoo!も常時SSL化が実施され、検索キーワードを取得することが難しくなったことに対する補完的な意味合いとなります。 

まとめ

簡単かつ詳細にサイト分析が可能なスマートチーターは、サイト運営の効率化には抜群の威力を発揮することでしょう。より詳細な情報を手間をかけず分析したい企業などは導入を検討してみてはいかがでしょうか。 
 
参照元:ペンシル
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  2. ユーザーがECサイトを使い分ける理由を理解しよう
  3. 短時間でWEB解析「Webサイト改善支援サービス」
  4. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由
  5. グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いとい…
  6. 今更聞けない!「ペルソナ」の作成方法・手順について解説!
  7. 「PRISM」でパーソナライズド動画をリアルタイム生成配信
  8. Instagramが新機能導入!コメントオフでコンテンツだけを目…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行