マーケティング全般

消費者が読みやすいコンテンツは?文字数を制限してシリーズものに

消費者に有益な情報を発信するためにブログは大切なツールです。多くのユーザーが使用しているソーシャルメディアと並行して、自社ブログを持っている企業も多いのではないでしょうか。
複数のプラットフォームで活動することは、消費者に企業を知ってもらえる機会を多く持てるということ。ブログはある程度の文字量で情報を発信できるので、多くの企業にとって大事な情報発信の場になっているはずです。だからこそ内容や文字量を消費者が見やすいように気にかける必要があります。

文字数と内容。読みやすいコンテンツとは?

ブログの内容は企業が特化している分野で消費者に役立つ情報を提供することが重要です。消費者が何を目当てにブログを読みに来るのか考えましょう。
例えばハウスメーカーなら室内を「綺麗に保つ設備の紹介」や「気温や気候に合わせた素材の豆知識」といったこれから家を建てたいと思ってる人に役立つ情報を発信しましょう。有益な情報を発信することでここなら任せられるという消費者の信頼を獲得できます。

さらに一度に多くの情報を発信できるブログには文字量の問題があります。
Small Business Trendsでは読者は長いブログ記事に比べて短いブログ記事を好むという調査結果が紹介されました。調査によると1200~1500字が読者にとって読みやすい文字量とのことです。
長く言及したいことがあるなら、記事を分割してシリーズものにしましょう。シリーズものの配信は、読者がブログに何度も足を運びたくなるテクニックでもす。

まとめ

ブログ記事は最後まで読んでもらうことが重要です。読者の読みやすい文字量でまとめて、文字量が長くなりそうならシリーズに分割しましょう。

参照元:Small Business Trends
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. あなたがSNSで犯しているかもしれない間違い
  2. 米誌Forbesが予想する2018年デジタルマーケティングのトレ…
  3. Webサイトのレビュー等をブラウザで管理可能なbrickサイトレ…
  4. 企業のソーシャルメディア運用。停滞させないための対策とは
  5. モバイル決済プラットフォームOrigami Payに2つの新機能…
  6. Facebookが2017年の実績を発表
  7. 【BtoB】顧客をフィーチャーして顧客ロイヤリティを確立する方法…
  8. サイバーエージェントが動画広告制作サービス「Tré Cast(ト…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行