Webマーケティングニュース

音でユーザーの状況を把握し、広告配信できるシステム発表

「D.A.コンソーシアムホールディングス」と、その子会社である「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)」は、スマートフォンのマイクを通じてユーザーが視聴しているテレビやラジオの音声を取得し、ユーザーに最適な広告・コンテンツの配信できるシステムを開発。特許を取得したとのことです。

マスメディアとの連携が可能に

この新システムはACR(ユーザーが視聴しているコンテンツの映像や音声を分析し、特定する技術)を活用してユーザーが接している広告を特定。DACが開発したデータマネジメントプラットフォーム(インターネット上に蓄積されたデータを管理するプラットフォーム)「AudienceOne®」と連携させることで、オフラインの音声を参考にして最適な広告を配信することが可能となります。

音声でコンテンツを特定することいよってこれまで難しかったマスメディアとデジタルメディアを連携させたマーケティング活動を実現できます。

他メディアの力を借りることも重要

テレビ・ラジオ・街頭のデジタルサイネージ・雑誌や新聞・そしてインターネトやSNS。現代は様々な媒体が広告・コンテンツを発信しており、それぞれが長所・短所を持っています。
例えば、テレビやラジオといったマスメディアは広範囲にブランディングを行うことができますが、即購買行動には至りません。

そのマスメディアの、広く周知する力とブランディング力を借りて、効率的に結果に繋げるため、デジタル広告の配信を行うのが今回の新システムです。
発表されたばかりのこの新システムの今後に注目です。

 
参照元:D.A.コンソーシアムホールディングス
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 昨年の日本のインターネットサービス利用者数ランキング
  2. 店舗のWi-Fiを活用したマーケティング
  3. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…
  4. 【ファッション編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇ト…
  5. 実購買傾向データに基づいたFacebook広告ソリューションが提…
  6. 「eltes FIND」の導入で最適なページへスムーズな誘導が可…
  7. 商品・サービスの体験特化型動画リリースサービス「PRChanne…
  8. Instagramが新機能導入!コメントオフでコンテンツだけを目…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行