Webマーケティングニュース

グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いというのはウソ

グーグルで上位表示させるためには記事の文字数は多ければ多いほどいい、という話がSEO界隈ではまことしやかに話されています。しかし、これは本当なのでしょうか。2016年7月8日にYouTubeで公開されたGoogle Webmastersの動画にその答えがありました。

グーグルで上位表示させるためには長文記事は有利なのか?

グーグル長文有利説に対して、グーグルのジョン・ミューラー氏は動画で次のように回答しました。


 
「私なら記事の長さは気にせずユーザーに役立ち、説得力のあるものを提供する」
「グーグルは文字数を数えて検索順位に反映させるアルゴリズムは持っていない」
「グーグルはページ全体を評価し、真に説得力があり、ユーザーに対して関連性のある検索結果を表示している」
「説得力があり、ユーザーの検索意図に答えられる内容であれば、文字数は関係ない」
 
ミューラー氏は明確に検索結果の表示を単純な文字数で評価することはないと断言しています。つまり、やみくもに記事の文字数を増やしたり1000文字以上だとグーグルに好評価されやすいということは全くないのです。

文字数は検索順位に影響しない

 
ミューラー氏の発言を要約すると、
 
・文字数が多いからといって、検索順位が上がるといったことはない。
・そのコンテンツが、検索意図に答えられているかが重要。
・検索意図に答えていれば、文字数は関係ない。
 
となります。

まとめ

ミューラー氏の回答からわかるのは、とにかく重要なのはユーザーの検索意図に答えるための最適なコンテンツを、最適な文字数で用意することであって、長文記事をやみくもに増やせばいいということではないということです。

参照元:English Google Webmaster Central office-hours hangout
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. トリップアドバイザー&ぐるなびの巨大提携サイトが運用開…
  2. 「GMOリピーター」3つの自動化機能で顧客のリピーター化をサポー…
  3. データを使って戦略を調整しているマーケターは27%のみ!
  4. ビデオを使ったストーリーテリングの4原則
  5. 野村證券が店舗受付に人工知能ロボットを導入
  6. 博報堂DYグループ、広告効果予測ツールにFacebookを追加
  7. キャラクターマーケティングの狙いと実際の効果とは?
  8. ヒトクセと電通、リッチな表現を実現する「バナーレボリューション」…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行