Webマーケティングニュース

WordPressの脆弱性を突いたアタック多発!求められる最新版への早急な更新

セキュリティサービスのサイバーセキュリティクラウドは、世界最大級のオープンソースCMS「WordPress」にREST APIの処理に関する脆弱性があることから、早急に対策が施された最新バージョンへアップデートするよう2017年2月7日勧告いたしました。この脆弱性を狙ったWordPressへのアタックは2月5日から急激に増加しています。 

コンテンツ改ざんの恐れ

今回発表された脆弱性のあるバージョンはWordPress4.7.0から4.7.1となります。4.7.2ではこの脆弱性は修正済みです。脆弱性により起こり得るリスクとしては、コンテンツの改ざんなどが考えられます。実際にこの脆弱性によりアタックを受け、多数のサイトが改ざんの被害に遭ったとセキュリティ企業のSucuri社が発表しています。 

早急なアップデートを

この脆弱性の発覚によるWordPressへのアタックは、2月5日に急増後2月7日まで続いていました。その後修正バージョンの発表もあり事態は落ち着いてきてはいますが、まだ最新バージョンへのアップデートを行っていない場合は早急に対応するようにしましょう。WordPressは個人の利用者だけでなく、世界でも多くの企業が導入しています。多くの世界的大企業も導入していることから、ひとつ間違えば大規模な問題となり得ます。 

まとめ

WordPressのバージョンを最新へアップデートし、念の為パスワードの変更も行っておくことをおすすめします。今後も脆弱性の問題が起こる可能性はゼロではないだけに、万が一発生したときには早急に修正バージョンへアップデートするように対応しましょう。 
 
参照元:サイバーセキュリティクラウド
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 今すぐ見直し!入力フォーム最適化10ポイント
  2. アタラが豊富なノウハウでダッシュボード構築・運用コンサルを提供へ…
  3. 業種特化型の動画広告フォーマット「AVA Style」がAmeb…
  4. 「iXam Drive」へ新機能追加でインフィード広告の効果を最…
  5. 「mitayo.」に動画配信機能を追加で情報へのさらなる興味喚起…
  6. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  7. 【事例】「やずや」から学ぶ中小企業が成功するためのDRM
  8. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行