Webマーケティングニュース

WordPressの脆弱性を突いたアタック多発!求められる最新版への早急な更新

セキュリティサービスのサイバーセキュリティクラウドは、世界最大級のオープンソースCMS「WordPress」にREST APIの処理に関する脆弱性があることから、早急に対策が施された最新バージョンへアップデートするよう2017年2月7日勧告いたしました。この脆弱性を狙ったWordPressへのアタックは2月5日から急激に増加しています。 

コンテンツ改ざんの恐れ

今回発表された脆弱性のあるバージョンはWordPress4.7.0から4.7.1となります。4.7.2ではこの脆弱性は修正済みです。脆弱性により起こり得るリスクとしては、コンテンツの改ざんなどが考えられます。実際にこの脆弱性によりアタックを受け、多数のサイトが改ざんの被害に遭ったとセキュリティ企業のSucuri社が発表しています。 

早急なアップデートを

この脆弱性の発覚によるWordPressへのアタックは、2月5日に急増後2月7日まで続いていました。その後修正バージョンの発表もあり事態は落ち着いてきてはいますが、まだ最新バージョンへのアップデートを行っていない場合は早急に対応するようにしましょう。WordPressは個人の利用者だけでなく、世界でも多くの企業が導入しています。多くの世界的大企業も導入していることから、ひとつ間違えば大規模な問題となり得ます。 

まとめ

WordPressのバージョンを最新へアップデートし、念の為パスワードの変更も行っておくことをおすすめします。今後も脆弱性の問題が起こる可能性はゼロではないだけに、万が一発生したときには早急に修正バージョンへアップデートするように対応しましょう。 
 
参照元:サイバーセキュリティクラウド
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Google Site Search」利用者向けに「probo…
  2. トランスコスモス、メッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答…
  3. オウンドメディアを作ったけれども反響が悪いときにすべきこととは?…
  4. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  5. 「Official Web App」でLINEと企業のWebサー…
  6. 短時間でWEB解析「Webサイト改善支援サービス」
  7. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…
  8. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行