マーケティング全般

【コラム】SEO記事とバズる記事のバランスについて【後編】|オウンドメディア運用

本記事はSEO記事とバズる記事のバランスについて【前編】|オウンドメディア運用の続編としてお送りします。前回はSEO記事の目的と作り方についてお話しましたが、本日はバズる記事についてお伝えします。

バズる記事の作り方

バズる記事を作る際のポイントは「ちょいバズ」を狙うということです。つまり数千、数万件のシェアが生まれるようなコンテンツを目指すのではなく、制作者の家族や友人とその友人あたりがシェアしてくれるようなコンテンツ作成です。

不特定多数をターゲットにするとネタの選定や文章がブレやすくなってしまいますが、読者の顔が浮かべばより刺さりやすいコンテンツのイメージが湧きやすくなります。

そして「ちょいバズ」記事を作るために必要なのが制作者の熱意です。これは「家族や友人に読んでもらいたい」と心の底から思えるような状態でコンテンツ制作に取り組むこと。つまり制作者自身がそのコンテンツに絶対的な自身を持つことが大切です。

バズる記事には「ギャップ演出」「感情を揺さぶる」といった条件の他に、書き方やフレームなどテクニカルな部分もあります。しかし、テクニックありきでコンテンツを考えるよりも、制作者本人が自信を持てるコンテンツに仕上げることの方がバズる記事を量産しやすくなります。

SEO記事とバズる記事は同時進行で制作

SEO記事とバズる記事どちらかに偏った運用では、なかなかメディアが育ちません。そのため、オウンドメディアはスピード感を持ってバランスよくSEO・バズ記事を制作していく必要があります。

運用するメディアの種類によって異なりますが、SEO記事とバズ記事の割合は7:3くらいが良いかもしれません。自社で持っている予算とリソースを照らし合わせながら良質なコンテンツを制作し、効果的なオウンドメディア運用を心がけてみてくださいね。

執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…
  2. コンテンツマーケティングで失敗してしまう4つのケース
  3. Instagramがライブ配信と消えるコンテンツ、2つの新機能を…
  4. 「スマートチーター19.0」マルチデバイス間のユーザー判別が可能…
  5. コンテンツをシェアしてもらいやすくなる3つのテクニック
  6. Facebook上のマーケティングはエッジランクを意識!ファンの…
  7. BtoB企業が動画マーケティングを始めるべき理由
  8. ソーシャルメディア「ピンタレスト」のマーケティングチップス3選

ピックアップ

Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる

ユーザー参加型コンテンツとして、「どの製品が好きか」「どういったものを見たいか」という投票企画は高い…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行