Webマーケティングニュース

経済産業省が中小企業のITツール導入へ支援金

経済産業省は、中小企業のITツール導入費用の一部を補助する「IT導入支援事業」の申請受付を開始しました。これは中小企業がソフトウェアやサービスを導入する費用を一部補助することにより、生産性の向上を図ることを目的としたもので、ECサイトの構築や集客支援、受注管理システムを取り入れるのを助けてくれます。導入したいツールや、挑戦してみたい施策があるのに、費用がなく困っているマーケティング担当者は必読です。

「IT導入支援事業」とは?

「IT導入支援事業」の補助対象者は日本国内に本社及び事業所を有する中小企業等に限定されています。
どのITツールを導入しても良いわけではなく、あらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに公開された対象事業者に限るそうです。採択されている事業者は650社。PaypalやGMOコマース、最近、家計簿アプリで注目を浴びているマネーフォワード等が対象事業者となっています(この支援事業者の申請は終了しています)。

補助率は3分の2以内。上限額は100万円。下限額は20万円となっています。

補助金制度を上手に利用しよう

「IT導入支援事業」は予算として100億円が計上されており、この予算に達し次第、終了となる予定です。
また、今回、乗り遅れてしまっても、他の補助金制度がまだまだありますので、調べてみると良いでしょう。

例えば、日本商工会議所による「小規模事業者持続化補助金」では、小規模事業者の販路拡大の取り組みに対して50万円までの補助金を支給しています。
リンク : 日本商工会議所

新しい試みを思い切って試したいときのために、覚えてきたいですね。

 
参照元:経済産業省
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いとい…
  2. データフィード最適化サービス「Marketia Feed Man…
  3. 動画視聴と申込みフォームが一体化された動画リワード広告の配信開始…
  4. コミュニケーションデータをAIが分析する「DECode」がスター…
  5. 広告主企業とメディアのブランドセーフティを実現する「AJA PM…
  6. ソーシャルPLUSとProbanceが連携しLINEログインを通…
  7. ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Develop…
  8. Periscopeが360度ビデオを導入。没入感の高いライブ配信…

ピックアップ

ミレニアルズは、ブランドに最も忠実な世代

最近の米国の調査では、ミレニアルズ(米国のゆとり世代)がブランドに最も忠実な世代であるという結果が出…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行