Webマーケティングニュース

適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for Pardot」がリリース

アイズファクトリーはクラウドサービス「bodais for Pardot」の提供を1月20日より開始しました。「bodais for Pardot」は世界最大のクラウド型CRM(顧客管理)ベンダーであるセールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングオートメーションツール「Salesforce Pardot」と連携して活用することができます。

「ホットな」見込み客にアプローチ

「bodais for Pardot」は、「Salesforce Pardot」に蓄積された見込み客の顧客情報やログデータを解析。見込み客のホット化率を予想し、最適なアプローチ方法を発見します。

見込み客の関心段階を踏まえ、誰に、どのコンテンツを提供すべきかを知り、顧客に適切なアプローチを仕掛けることによって、効果的に見込み客を引き上げることが可能となります。

リードナーチャリング成功の秘訣は「誰に」「何を」

このように、見込み客を教育し、購入につなげるためのマーケティング手法のことをリードナーチャリングと言います。 このリードナーチャリングを成功させるための秘訣が、「bodais for Pardot」が実現する「どの見込み客に」「どのような情報を」提供するかを、正しく判断することなのです。

顧客を分類する際に、ついつい「見込み客」とひとくくりにして考えがちですが、その中にも「他社の商品と比較しながら、購入しようか迷っている人」「もうひと押しで購入する人」「ちょっと興味も持った程度の人」と、それぞれの顧客は違った段階にいます。
このどの段階にいるかで、提供すべきコンテンツは全く違ったものになるはずです。
見込み客を正確に分類し、それぞれに違ったアプローチを適切に仕掛けることができれば、より多くの顧客を得ることができるようになるでしょう。

 
参照元:アイズファクトリー
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Crevoの実写映像制作サービス提供で動画マーケティングがより身…
  2. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…
  3. ソーシャルメディア戦略で気をつけるべきこと
  4. ドクターシーラボが採用したマーケティングツール「activeco…
  5. 製品の感想やセール品のまとめに!Twitterのモーメント機能活…
  6. Twitterが検索タブをリニューアル。モーメントなどの検索が簡…
  7. 店舗のWi-Fiを活用したマーケティング
  8. 米国中小企業の47%がモバイルマーケティングへの対応に苦戦

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行