オウンドメディア

BtoB企業が動画マーケティングを始めるべき理由

最近、動画マーケティングが注目されています。動画を使うべき理由としては「ビジュアルに訴えることができるから」「CV率やクリック率が改善するから」などが有名ですね。この動画マーケティング、BtoC企業だけのものと思っていませんか?実は動画マーケティングはBtoB企業こそ、実践するべき手法なのです。

そもそも、なぜ動画をマーケティングに取り入れるべきなのか?

動画を発信すべき理由としては、先述したように、「ビジュアルに訴えることができるから」「CV率やクリック率が改善するから」等が挙げられます。

WEBで閲覧されるコンテンツは、表示されてから3秒で「読み続けるか、直帰するか」を判断されると言われています。書籍と違って、スマートフォンやPCから閲覧しているユーザーは、「じっくり読む」態勢ではないからです。ですから、ぱっと見た瞬間に引き込まれるコンテンツを用意しておき、すぐに興味を引く必要がります。

そのようにして興味を引き付け、動画内で企業や商品・サービスの魅力を視覚的に伝えきることができれば、CVへと繋がっていくでしょう。

BtoBであっても取り入れるべき!その理由

興味を引きやすいため、閲覧されやすい。商品の魅力を伝えやすいため、CVもアップする。

このような動画マーケティングはBtoCのためのものと思われているようです。

しかし、実はBtoBの企業にも、非常に相性が良いのです。

BtoB企業は専門性が高く、高額な商品を販売していることが多いですが、この「専門知識」に関する部分を分かりやすく伝え、その費用を払うに値すると判断してもらうために、動画は適しています。

パワーポイントのように図解で解説したり、アニメーションと音声を使って誰にどのような恩恵を与えられるのか解説したり、実際に商品・サービスを使用している場面を撮影してイメージをつかんでもらったりすることが、動画によって可能となります。BtoB企業が持つ専門性の高い商品を「要するに、何を提供できるのか」を即座に伝えることができるようになるのです。

動画の撮影・公開は、今では非常に簡単に、コストをかけずに行うことができます。BtoB商材を扱う企業であれば、ぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか?

 

執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. BtoB中小企業こそオウンドメディアの活用を!三郷金属工業の事例…
  2. オウンドメディアを作ったけれども反響が悪いときにすべきこととは?…
  3. フェイスブックに動画は有効か!?動画制作の依頼方法とコスト削減
  4. 天気予報サイトへのマッチング広告でWeb広告の可能性が広がる
  5. 小学館がタテ型動画でニュースを配信
  6. 音でユーザーの状況を把握し、広告配信できるシステム発表
  7. Yahoo!プロモーション広告運用支援制度「Preferred …
  8. 【コラム】自社で編集権を持つとオウンドメディアは大抵面白くなくな…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行