Webマーケティングニュース

電通アイソバー、Adobe Analyticsの導入・活用支援サービスの提供開始へ

電通アイソバー株式会社は、アドビシステムズ株式会社が提供するデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」のデータ管理基盤「Adobe Analytics」の導入・活用を支援するサービス「Quick Win for Analytics」の提供開始を2017年1月24日発表いたしました。昨年リリースした「Quick Win for Digital Experience」に続くサービスとして、質の高いデータ分析が期待されます。 

高まるユーザー行動データへの関心

昨今のデジタルマーケティング業界では、運営するデジタルプラットフォームから取得可能なデータへの関心が日々高まっています。特にユーザー行動の変化をデータで可視化し、洗い出された改善点をどのように解決していくか、試行錯誤が繰り返されている現状です。こういった背景から、現在導入済みのウェブ解析ツールを見直し、新たなツールの導入に思いを巡らす企業も増加しています。「Quick Win for Analytics」では、ウェブ解析に留まらずデータ分析の将来を見据えたツール導入を支援します。 

「Quick Win for Analytics」でできること

「Quick Win for Analytics」では、事前の要件検討や設計から実装にかかる工数を軽減させ、迅速な導入からデータの蓄積を可能とします。取得するデータでは7つの計測ポイントを設定し、これらのデータで目的に合わせて分析を行います。マーケティングの基本となるデータを正確に分析することで、効率的に課題を洗い出し、早期の課題改善につなげることが可能となるでしょう。 

まとめ

データの蓄積と、蓄積されたデータの分析はマーケティングの基本であり肝となります。それを迅速に実現させる「Quick Win for Analytics」は、デジタルマーケティングに注力するならなるべく早くの導入をおすすめします。 
 
参照元:電通アイソバー
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. スヌープ・ドッグに学ぶブランディング!発言に一貫性を持つことがポ…
  2. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  3. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選
  4. Instagramがライブ配信と消えるコンテンツ、2つの新機能を…
  5. 記事内容の正確性を向上させる「専門家記事監修」サービスが開始
  6. サイト未訪問者にも「Facebookダイナミック広告」の配信が可…
  7. 読まれないコンテンツを書かないための5つの工夫
  8. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行