Webマーケティングニュース

自動販売機に「LINE」を活用した新サービス「Tappiness」が始まる

キリンビバレッジバリューベンダー株式会社とLINE株式会社は、LINE社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」と自動販売機を連携させた新サービス「Tappiness(タピネス)」を2017年春から東京と大阪で開始すると2017年1月19日発表いたしました。夏以降には順次全国主要都市へも展開していく予定です。 

第二弾は「Tappiness(タピネス)」

このサービスの第一弾となったのは、LINEビジネスコネクトを活用した「VENDORPHOTO(ベンダーフォト)」というフレーム付自撮り写真提供機能でしたが、今回はその第二弾として「Tappiness(タピネス)」を展開していくことになります。TappinessはLINEと自動販売機をビーコンでつなぎ、購入するとポイントを付与しそのポイントが貯まると自動販売機で好きな飲み物と交換できるという仕組みのサービスです。 

今後もLINEを活用した新サービスを予定

LINEといえば国内で月間6,400万人のアクティブユーザーを持つ巨大媒体です。そんなLINEを利用することは、キリン社としては自社でアプリを開発・展開するマーケティングを行うよりもメリットの大きな選択となるのは間違いありません。ビジネスプラットフォーム化を進めるLINEにとっても、オフライン媒体との連携は機能の認知やアプリの利用機会増加へとつながることが期待されます。 

まとめ

LINEという日本最大のコミュニケーションアプリを利用した新機能は、注目度を高めるだけでなく利用者の行動ハードルを下げる意味では最適な選択だといえます。誰もが使用しているLINEで気軽にポイントが貯まるとなると、自動販売機の利用者は確実な増加が期待できるでしょう。 
 
参照元:キリン
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. バズワードは使わない!強力な競合の多い業界でのプロモーションとは…
  2. マーケティングツール「MIERUCA」にヒートマップ機能が追加へ…
  3. LINEビジネスコネクト配信ツールTSUNAGARUに「会員カー…
  4. 楽天のフリマアプリ「ラクマ」がPCサイトからも出品可能に
  5. 今更聞けない!「ペルソナ」の作成方法・手順について解説!
  6. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  7. Google AdWordsの広告文を工夫。消費者と従業員の意見…
  8. 未開拓エリアの先駆者に。最新トレンドを取り入れた海外事例

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行