Webマーケティングニュース

「KANADE DSP」リエンゲージメント広告をスマートフォンアプリに対応へ

京セラコミュニケーションシステム株式会社は、自社が提供する広告配信サービス「KANADE DSP」において、スマートフォンアプリ向けにリエンゲージメント広告開始を2017年1月17日発表いたしました。これにより自社アプリを運用する事業者は、ユーザーに更なるアプリの利用を促すことが可能となります。 

「KANADE DSP」の特徴

広告配信サービス「KANADE DSP」は、ユーザーの興味関心にマッチした広告配信や潜在顧客を掘り起こし自社サイトへのアクセスを促すなどのキャンペーン戦略を得意としています。精度の高い分析で有効な広告戦略を行い、優良顧客を集客するには最適なサービスだといえます。 

リエンゲージメント広告とは

リエンゲージメント広告とは、EC事業者などが自社アプリを利用しているユーザー向けに配信する広告となります。アプリ利用ユーザーに対してアプリのさらなる利用を促し、ユーザーの興味・関心の高い商品やサービスの購買促進や休眠ユーザーの呼び戻しを狙います。 

まとめ

アプリのユーザー数に対して売上げが伸び悩んでいる事業者などは、リエンゲージメント広告を利用することで自社アプリの利用をさらに促進し売上げの増加へとつなげることが狙えます。また、ライトユーザーや休眠ユーザーへも有効なアプローチとなるため、新規顧客の開拓と同時にリエンンゲージメント広告を活用することで多角的なマーケティングを行うことができるでしょう。 
 
参照元:京セラコミュニケーションシステム
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 差別化が難しい製品のPRは?上質なコンテンツを発信して信頼できる…
  2. メガネスーパー、コンタクトを1タップで注文できるアプリ発表
  3. ショッピングカートの放棄率を下げよう
  4. ジミーチュウ実践、Instagramで製品をアートのように見せる…
  5. WebRTCビデオチャットサ-ビスの導入でWeb接客向上を狙う
  6. マイクロインフルエンサーを活用したクチコミ生成プラットフォームが…
  7. 動画マーケティングに活用できる「Vimeo Business」登…
  8. LINEが発表した次なる事業戦略の中身とは?

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行