Webマーケティングニュース

ピンタレスト「関連するピン」にディープラーニング採用へ

ソーシャルメディアやECサイトを眺めているとき、ユーザーの好みに合った関連コンテンツが表示されることがありますよね。思わず関連リンクを渡り歩いて時間を忘れるユーザーも多く、閲覧数増加に効果のあるシステムです。
今回ピンタレストは、関連コンテンツを表示させるために導入している「関連するピン」にディープラーニングを採用すると発表しました。ディープラーニングの採用で、類似コンテンツを表示する関連するピンの性能を向上させるとのことです。

関連するピンにディープラーニングを採用

ピンタレストの機能の1つ「関連するピン」は、ユーザーが閲覧したピンと類似するオススメのピンを表示する機能です。
今までは保存したピンを基に関連するピンを生成していましたが、より関連したコンテンツを表示するためにディープラーニングを採用したシステムに変更するとピンタレス開発チームのKevin Ma氏はブログで言及しました。現在この機能はテスト中とのことですが、完全に導入されたらユーザーのより好むコンテンツを表示できるようになり、エンゲージメントの増加が見込めます。
ユーザーがピンタレストを使いやすくなるだけではなく、企業にとっても有望な見込み客がコンテンツを閲覧する可能性が高まるのです。

まとめ

ピンタレストにはユーザーが手軽にショッピングできるお買い物ピンという機能があります。適確にユーザーの求めるコンテンツを表示できるようになれば全体的に購入率が上昇すると考えられるため、ショッピング機能のついたソーシャルメディアとしてピンタレストは活用しやすくなるのではないでしょうか。

参照元:Pinterest engineering blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  2. 昨年の日本のインターネットサービス利用者数ランキング
  3. 潜在価値No1のドメイン「.shop」オークション開始
  4. Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工…
  5. 強力なSNS戦略を開発するための5つのヒント
  6. 広告費用ゼロでウェブサイトを売り込む方法
  7. スーパーボウルの広告で注目を集めたのは?社会を反映したテーマが話…
  8. Twitterをビジネスで活用するデメリットはある?知っておきた…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行