マーケティング全般

criteo「ホリデーレポート」12月のオンラインショッピング動向は、、、

デジタルマーケティングソリューションのCriteo(クリテオ)は全国の20~59歳で、オンライン通販を利用したことがある男女を対象に10月、 調査会社によるインターネット調査を実施。結果を公表しました。それによると、クリスマスプレゼントを購入予定の人の54%がオンラインでの購入を予定していると回答しているとのことです。

オンライン購入予定は54%。理由は「商品を見つけやすいから」

12月と言えばクリスマス。このインターネット調査は、オンラインでのクリスマス商戦にフォーカスしたものです(しかし、実際の調査は10月に行われているものです。あくまで購入する「予定」を調査しています)。

昨年はオンラインショップの、買い物かごへのアクセスのピークは11月上旬、しかし購入のピークは12月上旬にやってきたということでした。クリスマスプレゼントの検討はすでに11月の上旬から始まっているようです。実店舗ではなくオンラインで購入した理由のトップが「オンラインの方が商品を見つけやすいから」次いで「オンラインの方が安いから」「オンラインの方が楽だから」「混んでいる店舗に行きたくなかったから」と続きます。

バナー広告からの購入は60%

2015年の同社に調査によると、「閲覧していない商品をバナーでみて、購入にいたる割合は60%」という結果が出ていました。まだプレゼントを決めかねている状態であれば、目に入ってくるバナーの商品を少しでも「いいな」と思ったらクリックしやすくなるのでしょう。また、年末が近づくに連れ、バナーのクリックから、実際の購入までの期間は短くなっていくのだそう。

この時期はビジュアル重視のバナーを多めに用意すると良さそうです。

 
参照元:criteo
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 消費者に寄り添ったサービスでビジネスに違いを出す5つのポイント
  2. App Annieが提供するアプリビジネスに役立つ分析ツールをリ…
  3. 認知度が低くても大丈夫?!売上をアップさせるLINE@戦略
  4. Googleがペンギン4.0をローンチ。マーケターに与える影響は…
  5. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  6. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  7. 老舗企業こそコンテンツマーケティング!創設100年以上のGEの戦…
  8. 顧客開拓や売上管理、プロセスを自動化するマーケティングオートメー…

ピックアップ

ブログを収益化するための6つのヒント

ブログから収益を得る方法を模索しているブロガーはたくさんいると思います。以下のヒントを使って、ブログ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行