Webマーケティングニュース

GoogleEarthやマップの画像がより鮮明に!

2016年6月27日、Googleマップは画像処理技術のアップデートを発表。Google Earthやマップの画像クオリティーが向上しました。

雲のないフラットな画像がさらに進化

Googleがこれまで使用してきた人工衛星は、もう10年以上も前に打ち上げられた「ランドサット7」です。使用開始後に不具合なども報告されましたが、雲をなくしたクリアな画像などは当時から比類がなく、これまでずっと使用されてきました。そして今回のアップデートの肝である「ランドサット8」は、NASAとの共同開発で作られてきたもの。画像処理技術がさらに進歩してよりクリアな表示が可能になりました。

GoogleマップはAPIがオープンに公開されているので、アップデートされることでさまざまなサービスも新たに開発されるでしょう。これからの動向をしっかり注目しておきたいものです。

Googleマップのよくある使い方

Googleマップは場所やルートを調べるナビとして。そして競合を把握するマーケティングツールとしても使われています。特定のキーワードで検索をかけるとそのキーワードが該当する競合他社が一目瞭然。リサーチにも役立つことから日常的にGoogleマップを利用するという方も多いと思います。

Screen Shot 2016-06-17 at 2.20.30 PM

まとめ

画像に美しさには定評があるGoogleマップ。視認性が向上した今回のアップデートを踏まえて、どのような活用事例が増えてくるのでしょうか。普段何気なく使っているGoogle Earthやマップ。ぜひ改めてチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Googleマップブログ
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookマーケティング戦略の10のステップ
  2. ピンタレスト「関連するピン」にディープラーニング採用へ
  3. ドイツのビール会社が考えたポイ捨てを防ぐ缶ビールとは?
  4. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…
  5. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  6. 少ない分量で的確に伝える!PDFや電子書籍にインフルエンサーを活…
  7. 広告主企業とメディアのブランドセーフティを実現する「AJA PM…
  8. テレビとWebのメディアプラニングツール「Handy Media…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行