デジタルマーケティング

Facebookの広告メッセージ、ユーザーとの関係を再度アクティブに

チャットボットの導入やメッセンジャーの強化など、Facebookは企業と消費者のコミュニケーションを促進する機能を充実させています。最近は顧客一人ひとりにパーソナライズしたマーケティングが重視される傾向にあるため、今後もメッセンジャーを通したビジネス機能が強化されるでしょう。
Facebookが2016年11月に本格導入した「広告メッセージ」も、メッセンジャーで使える広告の1つです。

広告メッセージとは

広告メッセージは2016年4月からテストを開始し、同年11月に本格的な導入が発表されました。一度でもメッセージのやりとりをしたユーザーに、ウェブサイトへ誘導する広告などをメッセンジャーで送信できます。広告を配信するには広告メッセージを送るユーザーとやりとりをしたメッセンジャーのスレッドが必要なので注意してください。

この機能はユーザーに企業の存在や最新情報をリマインドするときに便利で、正しくターゲティングできれば大きなエンゲージメントが期待できます。しかし企業のファンとまでいかないユーザーにとっては、スパムメールのような印象を受ける場合があるので注意が必要。広告を送る頻度やタイミングも課題です。

広告メッセージ作成方法⇒https://www.facebook.com/business/help/630500673789880?helpref=related
※この機能は順次展開中です。2016年12月時点で利用できないユーザーもいます。

まとめ

一度連絡をとったユーザーとのつながりを改めてアクティブにしたいときは、広告メッセージが有効です。連絡をとったことがあるなら、そのユーザーは他のユーザーに比べて企業への関心が高いはず。Facebookでアクティブにできていない関係があるなら、この機能の利用をおすすめします。

引用元:facebook for developers
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ブログマーケティングプランの作り方
  2. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…
  3. ニールセンが2016年インターネット利用者数調査の結果を発表!
  4. オーストラリアの金融サービス業界を変革した企業役員たち
  5. ヒトクセと電通、リッチな表現を実現する「バナーレボリューション」…
  6. ソネットと伊藤忠インタラクティブがデジタルマーケティング分野で協…
  7. これだけは押さえておきたい、コンテンツマーケティングの要点
  8. ドメインネームにキーワードを含めるべきか?

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行